労働と不動産と時々エムブレム

共に労働、共に労働力投入。

期待しているという言葉に浮かれるな。

今月から新しい期が勤め人で始まっている。

 

給料が上がる見込みもないのに、目標だけは上がっていくもしくは維持。

 

下降する可能性はほぼない。

 

目標決めたのは自分らやろと、雇う側の理論は自分で決めたことは守れというスタンス。

 

基本給が上がらないということは、その程度の労働力と見なされている。

 

その程度の労働力ならば、それに見合うだけの奉公でよいと思う。

 

期待しているとかいう言葉よりも、給料を上げないという行動に着目。

 

頭の固い人もいれば、マイルールで仕事する人もいる。

 

いろんな人がいるので、統率できず無法地帯となる。

 

そんな会社信用はすぐ失墜するのではないか。

 

勤め人+アルファをゆるーーーーーーく続けていくことが目標である。

 

会社がつぶれるならその前に仕草を察知できなければならない。

 

沈み切る前に脱出する準備を。

 

勤続年数も増えて、入社時よりもコンフォートゾーンにいる感覚はある。

 

出世には興味ないが、仕事できる風味の働きぶりをしていれば悪目立ちもしない。

 

いい立ち位置は、頑張りから生まれる。

 

ただ、その頑張りは度が過ぎれば剰余価値を会社に与えるだけだ。