人生、タイプ一致で攻めるのが吉

夏休みが終わるまで今日を含めてあと2日だ。

 

少しずつ積み上げつつも情けない休日を過ごしている。

 

幸い夢に仕事の関係者は出てきていない。

 

この休み、暑すぎて外に出るのも億劫である。

 

汗をかいたり運動したりすることが重要なのはわかっているのはわかる。

暑い中ランニングしている人を見るとお疲れ様と思う。

 

銀行に足を運ぶと半袖の社員より長袖の社員の方が多いように見受けられた。

クールビズないのかな?と思った。ネクタイもしていたと思う。

 

普段の混み具合を知らぬが割りとすんなりやること終わらせられてよかった。

 

しかし銀行における投資信託の販売はポケモンがタイプ不一致技で攻めるかのごとし・・・。こういう商品で上から何本売れとか言われたらダルそうだなと思う。

 

これはカモられたらまずい。聞くだけ聞いて退散した。

 

 

風呂の掃除をした。

除去できるカビとできないカビがあって完全にとはいかなかった。

 

マイナスからゼロにとはいうがゼロの状態にもどすのも並大抵ではない。

程よい、自分が納得できる水準にまで回復できればそれでよいと思う。

 

完璧主義に凝り固まるべきことと切り捨てて程よいところでストップするべきことを分けておこう。