積み上げるのみ

ふんどし王子さんの本を読んでいた。

 

肝は”今”行動するということだと思う。

 

あと周りの人に恵まれているというか、ネットワークを構築しているところがすごいなと思った。

 

お盆休みはまあ本を読んだりネットしたりで終わるだろう。

 

友人は今何しているとか、飲み会がどうのこうのとかを考えていても仕方がない。

 

休んでいる人が大勢いる期間に自己資本増幅のための行動を取れるかどうか。

しがない勤め人は消費を何も考えずにするべきではない。

 

休みだから休むというのはアリだが、現状維持で終わってしまいかねない。

 

積み上げられるかどうか。

 

 

意思力だろうか。自分はこのままでは死ぬまで勤め人人生という未来がうっすら見えている。いつ死ぬのかわからないのに、定年や年金だけはどんどん距離を遠ざけていっていないか。

 

休みがめちゃくちゃ長いホワイト企業がある。

そんなに休んでどうするんだという思う。

一見ホワイトでうらやましい~と思うが、裏側があるんじゃないかと。

休みを長く労働者に与えることで、海外旅行などをしやすくしている。

散財させて、休みが終わってからしっかり働いてもらう。

そんな意図を感じずにはいられない。

 

しかし、休みを長く与えられているという点だけみれば、ああこんな企業に入りたかったなあとも思わなくない。年間休日が多いほうが決まっている。休日が多いと積み上げる人は当然積み上げるのだから。