一手間をかける必要があるのか

固定電話やファックス、職場にあって家庭からは消えたものがある。

 

イノベーションが次々と起こり、個人のほうが会社よりも半歩先を歩いている。

 

会社の携帯はガラケーで、とても変革に対応したものとは思いづらい。

 

LINEWORKSの中吊り広告が最近よく見かける。

同じ車両に毎日乗っているからだけど。

履歴が残るから、取引先でもLINEでやり取りするというのは悪くないのではないだろうか。

 

電話をかけたら相手は当然応答するはずだ。

そう思っている人がいる。

 

電話ほど自己中で一方的なことはなかろうに。

 

それでも一手間を惜しむべきではないのだろうか。

 

電話の一本かける。

電話で済ますなと言われたこともあるが、

メールだけでもいいと思う。

 

まあ、どんな場合も

言ったでしょ、とか

送っているでしょで送信側の主張は始まる。

 

言ったやつ、送ったやつの自己満足になっている。

 

メールして、さらに電話もかけて、

重ね重ねの念押し。

 

この手間をかけるのとかけないのでは差が開くのだろうか。

 

だめなものはだめだと思っている。

 

こちらの要求を飲む、飲まないはその手間でひっくり変えるとは思えない。

 

どの手段でも”お願いします”という言葉は表れるのである。