平準化して、やるのが当たり前の境地へ

ブログを毎日書くのにモチベーションなど要らないという人がいる。

 

アフィリエイトで収入を得る人はとにかく記事を書きまくっている。

 

その作業とも言える所業を無心で毎日続ける。

 

その境地にいたるまでが難しい。

 

通勤するのと一緒だという。

 

ああなるほど。と思った。

 

平準化して、書くことが普通であること、書かなければ違和感を覚えるような感覚にまで研ぎすます。

 

やってて当たり前。副業を成長させて勤め人を卒業した人はその人それぞれの+@をやり続けている。

 

空いている椅子に狙いを定めてひたすら行動あるのみ。

 

椅子の空き具合はどんな感じだろうか。

時間が経つにつれて埋まっていくのは間違いない。

分野によって流れが異なるのもある。

 

20時になって家に着く。

今日の夕日はとても赤く、美しいと思った。

今日が終わるまであと4時間。

 

この時間に積み重ねる人とそうでない人で差が生まれる。

勤め人から脱出できる側の人か、勤め続けなければならない人か。