スマブラ熱が再燃

ニンテンドースイッチでのスマブラ最新作が発表され、

ぼくの中にもスマブラ熱が再燃していた。

 

3DSを起動し、ガチ部屋での対戦に興じる。

 

腕はもちろんなまっていた。

 

相手のサムスが強い。

 

連続攻撃でのコンボは単発技のコンボよりも精神的にくるものがある。

 

空上、空前、スクリューアタック、とサムスは連続ヒット技が多い。

遠距離もチマチマダメージを食らってバースト圏内に持っていかれる。

空中つかみのグラッピングビームはなかなか厄介だ。

 

まあ、こうして負けるわけだが、悔しいーとまあこんなもんだねという一種のあきらめが混在している。

 

ゲームは勝ち負けを決めるものであり、闘争心、競争する心が目覚める。

 

悔しさを晴らすために再選するも、また負ける。

どこかで断ち切らねばならない。

部屋をいったん出るという行動が一番負担が少ない。

勝てない敵に対しては逃げるコマンドは必携だ。

 

勝てる相手に勝って、気分をリフレッシュさせることが大事。

もしくは、いったんゲームの電源自体を切ってしまおう。

 

FEヒーローズは電池の充電がやりすぎ防止に一役買っていると思う。

 

何時間もぶっ通しでやることは今のところない。

 

最新作のスマブラが出てからはどうなるかわからんが。

 

その前にニンテンドースイッチを買うタイミングを一考せねばならぬな。