名もなき社畜英雄の日記

FEヒーローズが好きな労働者の日記

つみたてを加速する

 山崎元さんの”シンプルにわかる確定拠出年金”を

電車で読むようになった。

 

もう3~4周くらい読んだ。

 

月曜日からは別の本を読む。

 

”税金ゼロの資産運用革命” 田村正之さん著。

 

”ほったらかし投資術”を以前読んでいたがそのときは漠然と

手数料の低いものを選んで積み立てていた。

 

確定拠出年金を知り、始めようと決めたことで

配分を見直すきっかけを作れたことは良かった。

 

手数料の低いものを選ぶこと。

無理のない範囲で運用に資金を充てること。人生にはお金より大切なことがある。

貯蓄も大事なことであること。

本に書いてあることの一部だ。

 

個人向け国債変動10年も買ってみようと思う。

 

実はみんな投信とか確定拠出年金とかやっていて、すでにぼくは乗り遅れているのではないかという恐怖を持ちつつも、何かを始めるのに遅すぎることはないと信じ新しいことにチャレンジというわけだ。

 

アクティブがインデックスを上回るパフォーマンスを発揮することが難しいのであるならば、アクティブを選んでリスクを必要以上にとる必要はないと思う。

 

お金の配分をセッティングをし終わったら、たまにチェックするくらいの感じでいきたい。

食いつきっぱなしは投機とかデイトレードをするなら必要だけどぼくはそれができるようなイメージが湧かない。

働いている最中トイレに行って値動きのチェックというのは精神的にだいぶ持っていかれていると思う。

 

もしも給料がなくなったときのための生活資金確保分をしっかりキープし、残りのお金を投入していく。

 

天引き方式で手にした給料から先に使う用途別に分けていって、残りのお金で毎日を過ごしていけばムリとかムチャな状況にならずにすむと思いつつ。