希少性を高めていく

藤原和博さんの”必ず食える1%の人になる方法”を読んでいる。

 

 

力、技、つながり、好きの4通りから、突き詰めていく。

100人に1人の人になる。

別の分野でまた100人に1人になる。

そうして掛け合わせていくことで希少性が高まる。

このことが飯を食っていく上で重要な戦略だ。

 

100人に1人になるステップとして1万時間を注げと書かれている。

 

メダリストやプロの人たちは1万時間注ぐことができる環境が整っている。

 

環境が大事なのだ。

 

でも環境のせいにしてはいけないとも思う。

 

うまくいかなかったとしても100%自分のせいではない。

50:50とかだ。自分以外の要因(環境など)がある。

運にも左右されるだろう。

だから自分はなんてダメなんだ・・・。と落ち込んではいけない。

 

個人的には好きのパートが印象深い。

固定費の削減として実家住まいは全然問題ない。

結婚相手としてつながりパートの公務員の狙え、とか。

ただ、困窮していようがどんな状況でも徹底して好きなことを追及できる覚悟があるか。

 

この覚悟がぼくにはあるか。

 

どちらかというと公務員思考なのではないだろうか。

 

ほどほどに仕事をして、趣味としてドラムや音楽に携わっている現在。

今の経済状況を崩してまで趣味を極める時間を持ちたいと思うだろうか。

今の環境を壊すことができないチキン野郎であるとゲンナリしている。

結局じぶんは変われない人間なのかと。自分で自分に失望する。

 

変われないのは勇気がないからではない。

ここで以前読んだ西野さんの”革命のファンファーレ”。

 

勇気がないから行動できないのでない。情報がないからだ。

 

そんな言葉が書かれていた。

 

今は少しでもインプットを増やしていく。

通勤電車での読書はその助けとなってくれている。

 

パチンコをせず、電車内でスマホゲームに没頭せず、週に1冊以上の本を読む。

 

最初のこのステップはクリアしている。

希少性を高めていこう。