変拍子日記

不定期な日記

お土産のお菓子がしんどい

キングコングの西野さんが差し入れは要らないという記事で

賑わせたのは昔のことではない。

lineblog.me

 

 

みなさんも会社にいれば仲の良い悪いはともかく他人から

差し入れやお土産のようなものが回ってくることはありませんか。

 

食べ物なら胃袋に消えていくからかさばらない。

こういう理由で土産は食べ物というのが無難という感覚があります。

 

 

他人が田舎に帰省したときのものや

○○に行ってきたということで食べ物が配られます。

 

ぼくも実際遠方へ行ったときに会社の人に渡していたことがありました。一度だけ。

しかし年をとると甘いものが好まれないなど、

万人に無難なものというものをチョイスすることは簡単ではありません。

 

ぼくはここ最近は間食に興味を示さなくなってしまいました。

 

なのでお菓子に手を伸ばすことに億劫になっています。

 

申し訳ありませんがいただいたお土産や差し入れを

食べる気があるかないかと言われればないのかもしれません。

 

要らないと突っぱねる勇気はありませんが、

なるべく身の回りから遠ざけたいと思うようになりました。

 

お土産や差し入れはやめておこうと。

○○や行ってきたという報告をすることがなければ

「おみやげは!?!?!?」と周りに言われることもない。

 

ぼくは他人にお土産を買うのは控えておこうと思います。

買いたい人はそのまま買うスタイルを貫いてください。

 

普段お世話になっている仕入れ先さんや得意先さんに伺う際の

菓子折りという風習。これもなくしたほうがいい。

 

ぼくが生まれる前にできている風習。

 

謎だ。

 

ミスしたときやお礼のときに持っていくお菓子を入れる箱が重要らしい。

箱要らなくね?と思いません?

中身のお菓子はこのときにはおまけ扱いときたもんだ。

 

 

お菓子を食べたいときは自分で買います。

自分で選びたいものを。そのとき食べたいときを食べたほうが

効用も高いでしょう。

 

半ば強制的に受け取らざるを得ない差し入れ、お菓子は

渡す人にヒアリングした上でチョイスされているだろうか?

なんとなく人気そうなお菓子だからという理由で選んでいるでしょ(偏見)。

 

 

被災地に送られる千羽鶴なんかも場所をとるし処分に困るし

管理に困るし、かえって勇気付けるどころか迷惑をかけている。

苦しめている。

 

身勝手な善意といいますか。

エゴが混ざると怖いですね。

本当に相手のことを思っているのか。

要望を引き出してからそれを送っても手遅れにはならない。

 

きちんと段階を踏めば相手が喜ぶことをすることはできるはずだ。

 

独善的サプライズは悪い意味で相手を驚かせているのではなかろうか。