名もなき社畜英雄の日記

FEヒーローズが好きな労働者の日記

好きな服を着て仕事したほうがいいのではないか

違和感バリバリの頭ン中

目の前はワイシャツとスラックスであふれていた

ヤバイと知りつつ俺はただ会社へと向かっていた

 

今日も電車は人でいっぱいだ。

そん中に紛れ込む人々の死んだ目

服装は360度見渡しても

ワイシャツとスラックスの男男男

 

 

馴染もうとして同じ格好をしているのか。

 

もはや自分も含めなんでこの服を着ているのかわからないままなんとなく朝着替えて家を出ているのではないかと思うくらい。

 

 

地下鉄の中の異様さを感じた

 

どうしてワイシャツとパンツでみんな同じ格好せんといかんのだ

 

どうして服装までもがJIS規格のごとく統一されているのだ

 

戦闘服というがかえって士気を下げる服装ではないか

 

自分の好きな服を着ていたほうがまだましではないだろうか。

仕事をしている最中の気分というのは。

 

右に倣えが過ぎるのではないだろうか

 

オフィスカジュアルと画像検索すると女性の画像ばかりヒットする。

 

男性はこのように女性に合わせていくべきなのだ。

 

スーツとネクタイとか暑苦しいでしょ。見ている側も。

そりゃ着たい人は着ればいい。

振り幅を広げてもいいのではないか。

ジャージで過ごしたい。下駄を履きたい。

ジャージでいても違和感のない雰囲気づくりや空気があったほうが社会の精神的安定のためにいいのではないだろうか。

 

 

そういう人が訪問してきたときも、こういう服装もありなんだなという、許す心が必要なのだ。スーツ姿でも悪い人はたくさんいる。

 

何が原因なのか、スーツが当たり前で私服であるべきでないというような概念的、思想的な刷り込みが人々にいつの間にかされている気がしてならない。

 

 

影響されるところは影響されまくって、受け継いでいるものは根強く受け継がれている国、日本。

 

誰しもがスーツ姿で乱れのない社会のあり方というのが美しい国ということなのだろうか。