変拍子日記

不定期な日記

勝手に休みたい

”有給休暇を取得する際に会社の人に謝る必要のない社会を作れ”

headlines.yahoo.co.jp

なんて記事がYAHOO!ニュースにあった。

 

欧米に比べてまだまだ日本の労働環境は劣悪なのだろう。

 

明日(もしくはそれ以前に)休みますと申請すればOKというようなフランクでカジュアルでゆるふわな雰囲気は確かにぼくを雇用している会社に存在しない。

 

だれかがいなくても回るように、まわせるように普段から仕組みを、制度を整えておくべきというのが経営者の務めなのである。

 

だれかが、その人がいなくては仕事が回らない。まして複合機やプリンター一台が調子悪いだけでやってらんねえってなっている今の状況は最悪なのではないか。

 

こんなにもぼくのいる会社は脆いのかと絶望した。

 

プロは同じエフェクターを2台持っていますと、ACIDMANのライブDVDを見ていたら大木さんが言っていた。

 

ぼくらはまだまだそのくらいのこともできていないということだ。何かが壊れてもまだこれがあるとか、誰かがいなくてもこの人がいるみたいな環境にできていない。頼みの綱が細すぎて握ったら千切れてしまう。社会全体が既にそれくらいのタフさなのだと思う。

 

今の働く環境を早急に変えるか、ぼくのいる環境を変えるか、そのどちらかしかないのだろう。会社に垂れたその細い綱にいつのまにか依存してしまっている。

 

人は一人で勝手に助かるだけだというのなら、会社を休むというのもその人が勝手に休むだけだくらいのものでありたい。休むことを申請しにくい、周りに迷惑をかけてしまう。休んでいるあいだに何か起きたらどうしよう。なんて考えてもしょうがない。そんなことを考えてリフレッシュできなかったら、申請した意味がないではないか。

 

休んだときに何かあったら、それは運が悪かったとしようではないか。

 

自分が休んだせいだと罪悪感を持つ必要はまったくない。

 

いっそストライキくらいのものになればいい。みんなで休めば怖くないだろう。それなりの影響力を持つだろう。それくらい休みに対してもっと向き合うべきなのである。働きすぎといわれているくらいなのだから。