変拍子日記

不定期な日記

混沌と

1年の半分が過ぎていますねー。

 

今年は素数なだけに混沌とそして着実に国内が闇に包み込まれていくようであります。

 

政治がメディアに、メディアが政治に忖度しているようで。

 

知っておくべき重大ごとほど包み隠され、

 

どうでもいいようなことばかりがテレビに映っている。

 

そんな気がしませんか?

 

この傾向は昔からどんどん強まっている。

 

 

そのせいかテレビから離れることも多くなりました。

 

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

パソコンかスマホの画面を見る時間が1日のどのくらいを占めているでしょうか。

 

デスクワークをする毎日。

視力はどんどん悪くなる一方であります。

 

love があるからpeaceではなくなるというのなら、

 

smile&peaceというのはどうでしょう。

 

みんなが幸せになってほしいし、神社に行けば世界平和を祈るようになりました。

 

誰かが幸せになってほしいといいことを願う気持ちを持っているのは、妬みや

恨みごとを思うよりもずっと自分自身も幸せなはずです。

 

 

”生まれた時点で死ぬことが確定している”というのはACIDMANのライブのMCで聞いたことばですが、死期が近いと常に思えばなんだか相手を許そうという気になってきています。

 

相手のことを恨んでも仕方がない。相手を憎むということは、自分はその人から好かれるということを絶ってしまうと思うのです。

 

自分が死んで喜ぶような人は少ない越したことはないでしょう。

 

明日死ぬかもよという本もあるくらいですし。

 

自分だけは長生きできるという都合のいい思い込みからも解放したほうが、精神的に楽になると思うのは自分だけでしょうか。