変拍子日記

不定期な日記

だろうか

得意先や仕入れ先で辞めていく人が最近多い。

 

事情はひとそれぞれあるだろう。どうして辞めるのかまでは問うことにしていない。

 

 

ようやく働き方改革が骨身に染み出してきたといったところか。

 

 

どうして働かせ方改革ではなく、働き方改革という言葉になったのかは、自分の身は自分で守れよというメッセージが含まれているからだと最近気づいた。

 

 

経営者視点ではなく、被雇用者視点。

 

 

みんなそれぞれ手探りで道なき道を突き進んでいく。

 

人生、政治、経済。すべてが手探りになっているのではないだろうか。

 

先のことはわからない。

 

 

短期的な収益に目線が向いているうちは、世の中よくならない。

 

節電してますよー!と自販機が謳っているが、そもそも設置しなければ環境のこと考えてるなーってなると思う。

 

自販機が当たり前のように町中に広がって、あたかもずっとここにいるじゃないですかーといわんばかり。感覚が鈍っている。

 

自販機がなくなったらどうなるだろう。

 

エライ人にみんな媚びへつらう。

 

エライ人が自販機を置けと指示しているのだろうか。それとも設置を許可する人がそそのかされているのだろうか。

 

人が足りない。

 

コンビニはどこもスタッフ募集ののぼりが立てられている。就活も売り手市場との声が上がっている。

人がいなくてもまわせる店舗になればハッピーになるだろうか。

 

ルフレジ導入。ロボットによるレジ業務。

 

ロボットが仕事をやってくれる。そういう考え方になるだろうか。仕事を奪われると思う人が多いのだろうか。

 

人間だから、未知のものや、慣れきった環境を変えられるというのは少なからず抵抗がある。

 

環境を変えた先に、目指していたものは待っているだろうか。