変拍子日記

不定期な日記

一平ちゃんが好きだったぼく。

おはようこんにちはこんばんは。

 

 

お昼ごはんを食べたぼく。

 

 

ケチャップライスと赤いきつねを食べたぼく。

 

 

一平ちゃんが食べたくなったぼく。

 

スーパーに行ったぼく。

 

帰ってきたぼく。

 

湯きりしたぼく。

 

食べ始めたぼく。

 

食べ終わったぼく。

 

違和感を感じるぼく。

 

口の中に不快感を覚えるぼく。

 

後味がこんなのだったかと疑問を抱くぼく。

 

昼飯を食べて2時間ほどしか経過していないから満腹状態ゆえの効用の低さかと考えるぼく。

 

あれほど食べたかったから買うために外出したのにこれかと失望するぼく。

 

 

自分はそこまで一平ちゃんが好きじゃなかったのかと問い始めるぼく。

 

 

しばらく一平ちゃんはいいやと結論づけたぼく。

 

 

お疲れさまでした。

ありがとうございました。