変拍子日記

不定期な日記

ムジークフェストを横切って

おはようこんにちはこんばんは。

 

奈良でコンサートを聞きにいった。

 

厳密には耳に心地よい音楽が入ってきて、眠ってしまったのだが。

 

 

ムジークフェストである。

 

 

ドイツと日本の各地が繋がる催し。

 

ビールとウインナーがたっぷり。

 

テントからは陽気な音楽が聞こえてきた。

 

それを横目に僕は東大寺へと足を進めていった。

 

 

「タンゴの歩いた道」というコンサートである。

 

 

経歴を見ると、各パートが凄腕のプロ集団であることは容易に想像がついた。

 

音楽で飯を食っているのだろうか。

 

どうやって生活を成り立たせているのだろうか。

 

いろんなことを考えていると、

 

ビーーーーーと鳴った。

 

 

開演だ。

 

アストル・ピアソラの悪魔のロマンスが始まった。

 

僕はタンゴには詳しくない。

 

ただ、アンサンブルはすぐ僕を冥界へいざなった。

 

4~5曲目で僕は眠っていた。

 

コントラバスバンドネオン、ヴァイオリン。

 

たまにバンドのライブに行くことしかない僕にとってこれらの生音はとても心地よく思えた。

 

 

奈良でドカンとライブかますなら、僕は平城旧跡大極殿前に特設ステージ設けてやりたいと思っている。

 

ただ、あそこはアクセスの悪さがかなりネックだと思う。

 

 

ライブハウスは駅近であることが多いからだ。

 

駅と駅の間、それもだだっ広い平原にぽっと現れる大極殿

 

シャトルバスがあればなあ。

 

西大寺駅からだとまだ歩けるか。それでもちょっと距離があると思う。

 

 

コンサートは開園までに着手することが多くて大変だなあ。

 

お疲れ様でした。

ありがとうございました。