読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変拍子日記

不定期な日記

新入社員は光で在れ

おはようこんにちはこんばんは。

 

新入社員関連のツイートであふれる今日この頃。

 

僕の職場には新しい風は今のところ吹いていない。

支店レベルでいえば4年目に突入した僕が一番若手である。

全社的には新しく入った人もすでに1年は過ぎていると思う。

まったくといっていいほど関わりがないため、部署が違うというのは隔たりが大きい。

 

3ヶ月もいれば職場の空気に馴染んでしまう。

良くもあるし、悪くもあるだろう。

思考が停止してしまうからだ。

「こういうものなのか。」と自分を納得させてしまうのである。

ある種のマインドコントロールが浸透してゆく。

教育というのはそういうものだ。

社員をおとなしくさせて淡々と仕事をする。利益を出してもらう。

それを望んでいる会社もあることだろう。

 

教育を受けていく過程で、入ってくる内容が「どうしてそうなっているのか」など考えるべきなのに。”why?”を絶やすな。

そしてそれを上の人間へ突きつける。

その人も考えたことのないことだったりするかもしれない。

旧態依然とした社風、状態を正すためには、新人が染まりきる前に自社の膿を見つけてもらい、提示させることが重要だ。

 

あら捜しといえば感じ悪いかもしれないが、そうしなければ立ち直らない。

 

 

僕自身も染まっていると思う。

面倒な上司。

出る杭はうっとうしがられる。

早く帰りたい。

波風を立たせば長い説法が始まる。

これらのことから、言葉を発しなくなった。

染まっているというか、真っ黒というか。

 

転職では新しい職場では新入社員としてではない。

研修がちょろっとあって、仕事早速取り掛かってね。といったところなのだろう。

中途というのは戦闘力の高さを求められる。

 

 

世界の新入社員に光在れ。

 

 

お疲れ様でした。

ありがとうございました。