変拍子日記

不定期な日記

運が悪いから運命を変える

おはようこんにちはこんばんは。

 

 

ゆっくりと時間は流れ・・・ない。

 

さっきまで14時だと思っていたら、夕飯、ゴールデンタイムと来たもんだ。

サザエさんをここしばらく見ていないが、サザエさん症候群には罹っている。

これはゆゆしきことではないだろうか。

月曜日が苦痛、憂鬱では日本国民の幸福度というのは絶対に上昇しない。

休みたいときに休めるようにするとか、

週休3日、4日にするとか、

国民のスタミナを考慮した労働のあり方を見直そう。

 

工場24時間フル稼働で、スゲーとか全然そんなことを思わなくなった。

働き始めてから。

中の人は3交代制で不規則な生活だろうし、

歯車であることを強要されているのではないか。

大きかれ小さかれ歯車は歯車であることを要求される。

誰がこのライン管理するんだ?という感じだ。

 

フル稼働させないと全国のスーパーに商品が流通されない。

そうであれば生産性を高めるべきだ。といってみる。

しかし、仕事が早くなればなるほど自分に仕事が回ってくるようになっている。

この社会のシステムだ。

発注サイドも仕事ができるところに手配する。当たり前のことである。

だからどれだけ高いパフォーマンスを発揮してもそれ以上の要求をされるのでレールから外れられない。会社も人もレールからは簡単に外れないわけだ。

 

 

「俺あした休むから!」

みたいなことを声高に叫ぶことが許されない。

そいつはでる杭として扱われ、裁きを受ける。

中小企業であれ、大企業であれ、だれかがしないといけない仕事をひとり一人が抱えている。休むと負担を周りにかける。申し訳なく思う。休めない。通常運行。

僕がいるところも休むとは到底宣言できない空気だ。

空気が悪い

環境が悪い

そこにいる人が悪い

そこに入った自分が悪い

運が悪い

だから新卒で初めての会社に骨を埋めることができるのはめぐり合わせが良かった稀な人間だけだ。それがこの先本当に埋めれるかどうかは別の問題だ。つぶれるかもしれないからね。

 

見聞を広めてきた結果、何もすべて自分が引き受けたり責任を感じる必要はない。

すべて僕が悪いんだ、みたいな思考回路は今すぐ捨てよう。

そんな罪悪感を持ったとしても、寝てすぐ忘れよう。

僕が悪いんだ、とか思ってても

「こいつ構ってちゃんか?」みたいにかえって嫌われる要因にもなりうる。

そんなことないよって言われたいだけなんだろう、と。

 

雇用側の方はもっと責任を感じているはずだ。

なんでこいつ雇ったんやろ・・・

みたいな。ちがうか。

 

自分:環境:運で考えると

20   :30 :50くらいに配分できるんじゃないだろうか、責任。

 

 

Q:なぜ目標を達成していない?

A:運が悪かったから。

 

Q:なぜ遅刻した?

A:運が悪かったから。

 

 

立ち直るには、

環境を変える

自分を変える

運以外のファクターを変える。

そうすることで運命は変わる。

 

「運命を変える!」

「戦局を変える!」

ファイアーエムブレム 覚醒 はいい言葉を残したと思う。やったことないけど。

滅びの未来、絶望の未来がひとつでも希望に変わるように。

自分も含めて。

 

お疲れ様でした。

ありがとうございました。