変拍子日記

不定期な日記

マイナスばかり考えるから腐る

おはようこんにちはこんばんは。

 

 

性善説

vs

性悪説

なんてありますね。

 

このネガティブ、ポジティブ版なんかもあるんじゃないでしょうか。

 

人間は、

悪いところに目がいきがちだ

vs

良いところに目がいくようになっている

 

こんなやつです。

 

僕は前者だと思います。

 

お金を得る喜びよりも失ったときの悲しみのほうが大きいからです。

 

業績が悪い。

いかんせん悪い。

目標を達成していない。

僕は達成していない。

なぜなんだ?

こう目が向けられるわけです。

 

ところが、

目標を達成しているやつが

なぜ達成できたのか?

という思考にはならないわけです。

 

なんて世界だ!

なんて社会だ!

なんて会社だ!

なんて人だ!

 

マイナスに目を向けるのは別にいい。

ただ、思考回路まで腐りそうでなんかもやもやするのです。

達成しなかったことへの無力感、上から詰められて絶望感。

だからそれらに耐えることでお給料がもらえるという愚かな思考に陥るのです。

そんなことを感じる時間は短ければ短いほどいいと思う。

 

いいところに焦点を合わせ、

成功要因の展開をするほうが精神的にもうれしい。

がんばろう!って気になる。

気持ちが前向きになれる。

あの人だからできたんだ、と思うかもしれないけど、

ネガティブ思考になるよりはましです。

 

打開するためには、「ほめる技術」のようなところに繋がっている気がします。

 

 

お疲れ様でした。

ありがとうございました。