読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変拍子日記

不定期な日記

失敗した

おはようこんにちはこんばんは。


失敗した。
仕事のことだ。

なぜ失敗したのか?
報告をしなかったからだ。

なぜ報告をしなかったのか?
何かに恐れていたからだ。

それは何?
社長だ。

なぜ恐れていたのか?
その当時の仕事の内容が杜撰だと知られてしまうからだ。

なぜ杜撰と知られるとまずいと思ったのか?
怒られるのではないかと思ったからだ。




いい加減な仕事をしていたということだ。
上司には言った。
事件が起きた翌日に言った。
だが社長には言わなかった。


「もっと早く相談すればよかった。」
何度頭のなかを通ったフレーズだろう。
何度そのとおりだなと痛感したことだろう。
世の中うまいこと回っているのではないか。自分を除いて。



自分の失敗を周知するというのは怖いことだ
なんてことをしたやつだ
なんであんなことしたんだ
冷たい視線が360°から襲来する。

でも一時のことだ。
本当に怖いのは周知させるのが遅れることだ。
なぜ今になって言うんだ?
なぜそのとき言わなかった?
なぜ今まで黙っていた?
この3つには俺を正当化させる回答はない。
相手を納得させることはできない。


マイナスの印象は持たれるなら早く持たれろ。
持たれても早く払拭せよ。
忘れるな。
喉元過ぎれば熱さは忘れる。
だが忘れるな。

疲れた。

お疲れ様でした。
ありがとうございました。