名もなき勤め人の日記

ロックミュージック、ゲームが好きな労働者の日記

おはようこんにちはこんばんは



春よ、来い
愛をくれし君の
懐かしき声がする。


それは
儚い春
決意の春
決別の春
いたたまれない春


春がもうすぐというところまで来ている。
労働者として2年目の春
物語はまだ始まったばかり
人生はまだまだ歩いていける
どこで止められるかはわからないが


もう一度だけ
もう一度だけ
もう一度だけ
生かされている実感を


生かされている
大丈夫だって
心配ないって
君のおかげ
生きているのは


やっぱ生かされているわ



お疲れ様でした。
ありがとうございました。