変拍子日記

不定期な日記

一難去って

おはようこんにちはこんばんは。



脅威というのは何でも直面してくるというか。
困難な状況は向こうから来ることもあるんだなあと。

復帰するもの。
去っていくもの。

これから自分の役割が一段と大きくなる。
範囲も、責任も、何もかも。
後輩がいない分。
これが2年目の試練という受け止め方もできる。

1年目というサービス期間がもうすぐ終わり、
もうかまってもらえること、
助けてもらうことが少なくなっていく。

生かされていたんだ。
呼吸の日から


それは人類共通の事実。
親がいて、
お隣さんがいて、
兄弟がいて、
先生がいて、
友達がいる。


人生捨てたもんじゃない。
ただ、この状況に浸るのではなく、
打開していくスピリットが必要だ。
思考をもっと回転させたり、
行動をもっと起こしたりするなど。


お疲れ様でした。
ありがとうございました。