変拍子日記

不定期な日記

描写

おはようこんにちはこんばんは。


時代小説を通勤時間に呼んでいるのですが、
筆者の表現力には脱帽しているのです。

頭の中に文章からイメージがわき上がって
そこから登場人物はどういう気持ちなのか、想像しています。

こんな表現、書き方があるんだと
日本語は奥が深い。
小説にはあまり触れてこなかった人生だっただけに、
最近の小説への関心は高まっています。

でもやはり読みやすい本がいいですね。
内容が入ってこなければあまり読んでいる気がしないので。



歌詞も近いところがあって、
このもの、こと、人にこういう言葉を繋げられるのか。。
という無限の表現方法がありますね。

歌詞の自由さを感じさせます。



おつかれさまでした。
ありがとうございました。