買い付けが通り、売買契約のステージへ

買い付けが通った。 次は売買契約が待っている。 今思えば、マイルドな指値だったこともあり、これからよい利回りが創造できるだろうかと不安で吐きそうになる。 もっと安い指値をしておくべきだった。。 そんなことを思いながら、家に戻った。 指値が厳しい…

お金に困って死ぬのは避けたい

人はいつか死ぬ。 生まれた瞬間、確定している未来だ。 ミミタコに聞こえる人もいるかもしれない。 だけど死ぬときの状況や気持ちなど死なないとわからない。 ”あのときああしとけばよかった”と悔やむ気持ちが一切ない、 笑って死ねるような人生でありたい。…

奴隷契約を結ぶ前に、するべきことがある

他人のお金の使い道など、ぼくごときが口を挟めることではない。 それでも、お世話になっているお方や尽くしたいと思えるようなお方には間違ってほしくない。 買う順番を間違ってほしくない。 新築マイホーム35万年ローンというのは典型的な企業との奴隷契約…

明日でもいい、今日しなければならないことはない

これは今日中にやらなければならない。 そうやって、残業時間が延びる。 やらなければならないというのは、周りから言われてやっていることなのか。 それとも、自分が決めたことなのか。 本当は後者のケースが多いのではないだろうか。 前者が多発している企…

人生初の買い付け証明

今日は物件を内見させてもらった。 買い付け証明を初めて書いた。 いろいろ気になるところはあるが、リスクのない投資商品はない。 闘えるリスクか、逃げたほうがいいリスクか。 不動産賃貸業は、買ってからスタートできるビジネスである。 買い付けを入れた…

物件周辺のフィールドワーク

物件近くの街中をフィールドワーク。 不動産屋さんから物件住所の詳細を聞いておけばよかったのだろうが、 あえて聞かないまま突入。 あわよくば物件にたどり着けると思っていたが、そう甘くはいかず。 ぐるぐると歩き回った。 2.5時間ほどだ。 物件を買う前…

どうでもいいことはできるだけ避ける

細かいことに注意される。 みんながやっているんだから、お前もやれというプレッシャーがある。 仕事の中には、これやって意味があるのかと思うことがたくさんある。 意味のないこと、どうでもいいことに時間を費やすことほど無駄なことはない。 それもコミ…

駐車場は必要か

カーシェアの文化も進みつつある昨今、戸建てに駐車場は絶対に必要なのだろうか。 ぼくの現在の物件選定基準には戸建てには駐車場があってほしいと思う。 競争力のある物件には2台駐車可能という謳い文句がある。 新築の家に住んでいる人は駐車場が広々とし…

買う順番を間違えない。

事務作業が増えると、パソコンに向かう時間が長くなる。 今日のような天気の悪い日だと、夕方時には視力がかなり低下しているように感じる。 めがねの度数を上げることによる効用はあまりないと考え、 どうせなら次はレーシックの手術を受けようと思う。 め…

チャンスが来たら、その波に乗ること

いい物件が現れたとして、すぐに行動を起こすことができるか。 もう、売れていてもおかしくない。 ポータルサイト、アットホームでのお気に入り数が10以上ある。 ぼくは勤め先で労働力を投入しており、電話をかけるタイミングを逃してしまった。 昼休み明け…

会社を脱出する意思

残業するかしないか、結局は本人の意思によるところが大きい。 残業しないと回らないようなキャパオーバーの仕事量はブラック手前の状態だと思う。 ”自分の仕事を捌く能力が低いから残業するしかないんです・・・。” そんな風に自分を責める人もいるかもしれ…

ひきこもりは収入の柱を築いてからなってみては

真相報道バンキシャ!のひきこもり報道に乗っかった形でツイートした。 ひきこもりの人は”職場の人間関係が悪かった”とか、”パワハラしたあいつが悪い”とか、他責のマインドではないだろうか。仕事したくないからひきこもりという状態を自ら拵えているとぼく…

クソ客は駆逐できるか

中国ではお客さんに対しても嫌なものは嫌といえるようだ。 中国人留学生が不思議に思う日本の上下関係 pic.twitter.com/Q8Irz7Db8D— よねはらうさこ@食べまくり台湾だった (@yoneharausako) 2019年3月25日 上下関係ではなく、対等な関係で物事を見ている。 …

休むときは休む/テレビのマインドからの脱却

ボーっと生きてんじゃねえよと怒号が響く。 休みの日にまでボーっとさせてはもらえないのか。 休むことは無駄な時間ではない。 体力回復のための時間は必要なものだ。 勤め人であれば誰だって土日のような休日が待ち遠しいだろう。 ボーっとしている時間が1…

無駄な時間を過ごさない

余計な作業に時間をとられている。 会社にいる間の作業は金になることとならないことに分かれる。 もちろん美しい職場を維持し続けるのに掃除は大事である。 美しい職場であることは採用においてもプラスに働くと思う。 採用に関わるのであれば遠回りだが、…

まだテレビで消耗してるの?

テレビは全員見ていた一昔前なら共通の話題を提供するのに有効なツールであった。 今は分断が進んだ時代である。 ”あの番組見た?” という話題の切り口は今はもう使えないのである。 というよりも、”テレビをまだ見ているの?”という反応が返ってくる可能性…

若いだけで優秀

春の訪れと共に、勤め人デビューの人もちらほら見かけるようになった。 フレッシュなオーラというのをその人から放っているようである。 若さからくるものなのか、新入社員ぽい人はそんな雰囲気をかもし出している。 うどん屋さんで昼食を食べているとそんな…

助け助けられ生きているということ

人の善意を踏みにじってはいけない。 その人があなたのことを思ってやった行動に対しては、きちんとありがとうと言う方がいい。 言わなくても、何か形や行動に変えて感謝の意を表した方がいい。 義理と人情で社会はできている。 恩義があれば、与えてくれた…

今日という日が調子の悪い日もある。

自分の身は自分で守るしかない。 そんなことを考えながら、会社を脱出した。 ”働き方”改革なのである。 ”働かせ方”改革ではない。 自分で選択することができるのである。 明日でいいなら明日やればいいと思う。 今日でなければならないということはない。 今…

4つの道

”最初に見た物件で買うから事故る。” そういう言葉が頭をよぎる。 今日の物件調査で、内見したのは初めてである。 今までは、外観だけの調査であった。 内見は、不動産屋さんの力を借りなければできないことである。 遠い現地まで来てくれた担当者様、ありが…

自分で調べる。そして小さく行動する。

相手に手間を取らせない立ち回りが大事。 相手は人間。 大人。 子供でもそうかもしれないが、何かを依頼するということは相手の時間を奪うこと。 人ひとり動かすと機会費用が発生する。 ぼくの依頼がなかったら本来できたはずのことに相手は注力できたはずな…

危険な場所には立たない

自分の立っている場所が危険でないかどうか。 過酷な労働環境にいてはいつか倒れてしまう。 少ない人数で仕事を捌ききれない、負荷の多いところにいると それだけで勤め人の卒業がハードになるのではないだろうか。 時間を奪われ、精神は蝕まれ、体が悲鳴を…

他人に文句を言っている場合ではない

人は見た目が9割とか10割とか言われる。 人を見た目で判断してはいけないという言葉もある。 身だしなみがきちっとしている人は、内面もきちっとしているのだろうという刷り込みが見ている人にはされるのである。 錯覚資産である。 だらしない格好をしている…

仕事の借りは仕事で返す

勤め人の状態で勤め人に対して借りを作ることに抵抗がある。 勤め人卒業の足かせになるのではないだろうか。 ”あんなに助けてやったのに”とか、 ”どれだけ面倒見たと思ってるんだ”とか 言ってくる人が出てくるのかもしれない。 考えすぎかもしれないが。 勤…

何者でもなかったということがわかった

何者にもなれていないということがわかった。 お金、人徳、時間、肩書き。 ぼくは何も特筆して秀でているわけではない。 セミナーに参加した人たちを見て、彼らは成功者でったし仲間もたくさん手に入れていたようだった。 しかし、何者かになることが人生の…

急かして丸投げする人はもう少し自責マインドを持て

3月も終盤にさしかかり、年々経過時間が体感的に早まっていると思わずにはいられない。 年をとるたびに時間感覚が変わる。 今年1年、24時間*365日あるわけだけれどもできることは限られている。 十分な睡眠時間、 勤め先で労働する時間、 これらで1日の大半…

お金の使い道(回想)

価値観は千差万別ある。 何にお金を投入するのか。 大学生のころは服にお金を使っている人も多く、ぼくからすれば周りはおしゃれな人ばかりであった。 そんな中、ぼくは着る服は大体決まっていてパターンの数も少なかった。 服にはお金を投入せず、大学生の…

物件調査に行ってきた③

本日は自動車を使っての物件調査であった。 物件の近くまでまずは到着。 物件近くから不動産屋さんに電話で詳しい住所を確認。 物件は山奥に位置してはいたものの、周りにも住宅は建っていた。 いかにも不便そうなところではあるが、根拠なしで何とかなりそ…

下道もいい

下道か、高速道路か。 高速道路は、渋滞時にはストレスである。 下道は、信号はあれど確実に前進している感覚がある。 道路情報で大体の所要時間がわかり、通常よりも混雑していそうな場合は下道を使う。 下道のほうが早く目的地に着けることは往々にしてあ…

テレビは見るときは見る そこは意識的

テレビを見るというのは無駄だという意見が飛び交うようになった。 ぼくも見たいものだけ見るようにしていることが多くなった。 メリハリは大事だ。 見るときは見ていいと思うし、見なければ消して節電するという意識は悪くない。 週のうち4,5番組ほどであり…