携帯を忘れて外回りするとドライブが少し楽しくなる。

携帯電話を持たぬまま外回りをしてしまった。 社内外問わず、ぼくに連絡を取ろうとしてくれた皆様、申し訳ない。 ぶったるんだ奴だと思われるかもしれない。 しかし、携帯を持たぬまま外出すると、ドライブが一層楽しくなる。 運転しつつ、Voicyへ耳を傾ける…

週一ペースの労働力投入。

本日は物件に労働力投入。 水道、電気を未だ開放していないため、土曜日に寝袋でそのまま泊まることができず、 週一ペースである。 5月9日に決済をして、現在もリフォーム前の掃除中。 壁、床、天井。 貼る、塗るといったリフォームの動作をする前の準備段階…

ストック型の収入

『中小企業の「ストックビジネス」参入バイブル』、小泉雅史さん著。 久々に本の存在を知って即購入した本である。 フローのビジネスとストックのビジネス。 前者は、車や不動産の売買といったものが挙げられている。 後者は、車のリースや不動産の賃貸が挙…

山と谷を均すのが日本型勤め人

助け合いの精神で、山と谷を均す。 外資系勤め人でない以上、社内の暇な人と多忙な人がいてはいけない風潮がある。 それでも、定時が来れば帰りたい。 処理能力の差が個々人で異なることも山ができる要因ではある。 ひとり一人違うからこそ、担当の良し悪し…

面倒な奴と思われないようにする

感情に振り回されてはいけない。 相手のちょんぼで、こちらに負担をかけてくるということがあった。 至急、至急、至急。 うんざりだと思った。 この人は、自責マインドのかけらもない。 しかし、困った相手を助けるというのがパートナー企業としての務めであ…

お金か、子孫繁栄か、両方叶えばよし

働き方改革が進みつつある日本国。 国家も企業も疲れちゃっていると加藤ひろゆき先生はおっしゃっていた。 それらに頼るような姿勢でいてはいけない。 疲れた企業の中に、ぶったるんだ社員。 未来は暗いに決まっている。 ブラックな環境ではないから、勤め続…

信じられるのは自分しかいない

内向きに目線が向いてはいけないと思いつつも、向いてしまうときがある。 お客さんの方を向いているべきであって、内輪で揉めていてはすぐに淘汰される。 自分で自分の首を絞めるのか。 会社内で気に入らない人がいると、その人との距離は置きたくなる。 そ…

保険、スタイル、安眠のために。

火災保険を契約せねばと思いつつも、重い腰が上がらない。 南海トラフ規模の地震が来れば物件だけでなく都市全体が大きなダメージを受ける。 地震保険は、つけておこうと考えている。 契約料金が高くなるが、やむを得まい。 いきなり10年契約で見積もりを取…

砕石、歯ブラシ、蜂の巣

本日は労働力投入。 一週間は長いように見えて、日曜日が来るのはすごく早く感じる。 掃除機はフィルターを掃除したものの、バッテリーを持ち出すのを忘れた。 掃除はマイペットと雑巾で拭き掃除。 今日は家の前に砕石を敷き、室内の金属部品をピカールで磨…

本を読めば、刷り込まれたものも取り除ける

時間とお金の自由を得る。 勤め人ドリームだ。 勤め人であることが幸せという人もいるだろう。 いい学校、いい会社、いい家、いい車。 いつの間にかそれを目指すように刷り込まれるものたち。 刷り込まれるときは若いしピュアな心を持っていると思う。 だか…

自分だけは大丈夫ということはない。

ダウナーな金曜日であった。 激しい雨が降ると、物件が気になった。 雨にさらされても、そこに立ち続ける戸建て。 早く直して、チャリンチャリンとお金を生むシステムにしたい。 こう激しい雨だと、ハザードマップ的には問題ない場所だけれども水災も含めた…

内向きな労働は最小限に留める。

社内の会議向けの資料に作る時間は、生産的であるのか。 お客さんの見積依頼に1秒でも早く回答したほうが金になる。 短期的な見解かもしれない。 しかし、会議の資料を作っても翌朝になれば忘れるようなことだ。 営業を放棄して資料づくりだ。 非常に内向き…

健康であり続けることは大事

心身共に健康であること。 勤め人であり続けるためにも必要だし、勤め人卒業にも必要なことだ。 健全な労働力を雇い主に売れれば、相応の対価を給料として得られる。 病気で休みがちになってしまえば、給料は減るし、治療のための費用も増える。 マイナスの…

勤め人のレールの上は理不尽。割り切る他なし。

理不尽なことが勤め人の世界では多い。 そのレールの上はそういうものだと認めて割り切ったほうがいい。 そのレールに乗ると決めたのは学生時代の自分の意思であって、誰からもそこに乗れといわれて会社に入ったわけではない。 他人の意思で会社に入る人は少…

景気後退、減給あり得る給料は水物。

お客さんから景気後退の声が聞こえると、売り上げの減少は避けられそうにない。 勤め人の枠の中の出来事ではあるが、売り上げ、利益から給料がひねり出されるので儲かっているかどうかは重要。 勤め人の給料は、生かさず殺さずのギリギリのラインを攻めてい…

錆びとり、蜂との勝負は避ける。

本日は物件に労働力投入。 Yahoo知恵袋に初めて投稿したことが、キッチンのレール下に棚がもぐってしまい抜け出せなくなったというものだった。 解決してから回答してくださった方にベストアンサーを決めたかったが、勝手を知らず時間が経過して投票にて決め…

買ったら何とかするしかないのが不動産

ホームセンターで、武器を補給。 和室の砂壁、畳、塗ればなんとかなるかもしれない。 壁紙をダイレクトに張れば、コストを抑えられる。 何とかなるかもではなく、何とかするしかない。 不動産は、何とかするしかない。 最悪でも、引き分けに持ち込む。 負け…

立っている場所、頑張るべき方向を間違えない

勤め人は勤続年数が長くなるにつれて、給料は当然上がるものだという意識が芽生える。 昇給はまだか、ボーナスはまだか。 一ヶ月の労働に対する対価を年々求めるようになっていく。 自分はこれだけ頑張っているからという自己主張。 自分にも当てはまってい…

令和開始から一ヶ月。

令和が始まってもうすぐ1ヶ月経とうとしている。 今月はなんと言っても物件を取得したことが大きい。 人生のポイントを切り換えた感じだ。 リフォームの前の掃除中ではあるが、少しずつでも前へ進む。 支出は抑えるところは抑えて、物件のために使う。 お金…

コンビ二で買うなら行列は避けよう

お金を貯める過程では毎日の変化が味わえないこともある。 購買意欲を誘発されない、強固な意志が大切。 コンビニでSABASのミルクプロテインを買いたいと思ったが、マインドブロックを自ら働かせ踏みとどまった。 コンビニで買うと時間が節約されるが販売価…

物件検索で不動産への情熱を保つ

次の物件を買うのは先であるけれども、新着物件の検索は欠かさずやっておいたほうがいい。 ターゲットの価格帯がいつ出てきて、それがいつなくなるか。 それを確認できただけでも売買のスピードを感じ取れると思う。 いい物件にはすぐ買い手が現れるというこ…

景気後退か。別の収入の柱が必須の時代。

今の状況が続くという幻想。 諸行無常の世の中なのに、人々は大切な部分は自分の都合の良いように考えてしまうのではないだろうか。 今は貿易摩擦が問題になっているとはっきりしているので、景気が悪くなればまた暗黒時代が来ることも予想できる。 暗黒時代…

油汚れをきれいに。油職人投入。

日曜日の労働力投入。 物件の鍵を忘れ、到着に時間がかかる。 入ってまずは掃除機を稼動。 充電式のハンディクリーナは楽チンだ。 掃除をどんどん進める。 今日は油汚れを中心に台所にべったり。 油職人を試す。 どんどん落ちていくのが見える。 コンロ付近…

売り物件が3件、引き寄せられたかのように出会う

ホームセンターで武器の調達をしようと外出したが、物件近くの店のほうが安そうなので撤退。 以前ホームセンターの近所に売り物件の看板が掲げてあったので足を運んだ。 平屋の物件である。 近所に物件があると、楽だなーと思いながら、普段歩いたことのない…

勤め人の収入は、未来永劫続かない。

給料はストックではなく、フローの収入。 波乗りニーノさんのお言葉。 毎月定期的に入ってくるものだと思いがちだ。 しかし、会社、自分、いずれも永遠に今の状態が続くことはない。 どこかで財務がタイトになったり、病気になったり、定年で終わりになるか…

大制圧戦(if)を終えて

FEH

疾風迅雷スルト。 今回の大制圧戦で特にてこずった相手と言える。 こちらが体力を削って倒しきれないうちに奥義カウントがたまる。 相手のターンでスルトを削ったキャラが20ダメージを受ける。 その後スルトからの攻撃で撃沈。 そして疾風迅雷発動の、20ダメ…

八方塞がりか、手を打って打破していくしかない。

人員がタイトな部署の手伝いをするために、その拠点の顧客の対応を迫られることになった。 中小企業はセクショナリズムとか言っている場合ではないということだ。 しかしながら、下っ端は担当部署で精一杯である。 自分のいる場所のことだけ考えてエゴかもし…

時代の流れに合わせて、感性を鈍らせない。

migration1064.hatenablog.com こんなカード使わないぜ的な記事を2015年に書いておきながら、先日のコメリカード作成。 同じ過ちを繰り返しているような気がしている。 ポイントカードは、享受できるメリットが少しばかりな反面個人情報をたくさん相手に提供…

通勤ルートを変えてみる。

いつもと違う道で通勤してみる。 最寄り駅までの道のり。 何通りかある。 戸建てで草ボーボーな家、古くて朽ち果てた家、かつては建物があった場所が更地になっている、などいろいろ目に入ってくる。 そして小さかったころから通学路途中にあった家が売物件…

武器の調達をどうするか、作戦を考える時間も必要。

”週末は絶対物件に入る!”と意気込んでいても、何も計画なしに突撃してしまう。 次はどうしようかと作戦を立てる時間も必要だ。 ということで今日は物件に行かなかった。 ほうきを買ったが、ごみが意外と多く、ちりとりにもうまく入らない。 掃除機を買った…