読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変拍子日記

不定期な日記

がんばらないことが奨励される世界へ、国へ

もう、がんばるのをやめよう。

 

すべての民に告ぐ。

 

 

かつて石油などの有限エネルギー依存だったデンマークを、自然エネルギーへ注力できる状態に寄与したひとりであるヨアン・ノルゴー氏の本を読み始めた。

 

彼はどうすれば日本は経済成長できるかという問いかけに対して、もうそろそろがんばるのをやめたら、日本はもっと幸せになれますよ!とユーモラスに返した。

 

 

 

入社して3年くらいまでは20時21時まで会社にいるのはザラだった。

おとんに心配かけてた。遅くまで何やっとるんや?と。

残業代もボーナスもろくに出ない、出さないような企業で働いて。

 

今はもう”やってられるか!”と半分放棄で逃げるように退社するようになった。

18時台の退社が増えるようになり、最近早いなと会社の人やおとんに言われるなった。

 

また、これは明日やればいいやという考え方を最近になってようやくできるようになった。

 

新人は入社直後のハネムーン期間が終われば上司・先輩の視線が気になり、帰り辛くなってしまものだ。ぼくの場合はそうだった。

 

 

仕事は基本区切りがないのだ。千眼美子さんのようパッとある日すべての仕事を鎮圧することなど普通はできない。何かが常に同時進行している。終わればまた新しい見積もりやら注文、クレームが入ってくる。それだけ得意先が多いというのが一因かもしれん。

 

だからナリワイのように細かく刻んだ関係をたくさんの人が持てば通常運転時もちょっと量が増えてきたなって時も負担に感じにくくなるのだと思う。

 

”捌けなくなったからここへ聞いてみて!”という一見お断りしたと受け止められるけど、新しい繋がりを同時に生むことができれば、win-winにならないだろうか。

 

紹介した人も気持ちいいし、依頼者は紹介されたところで問題解決すればいいし、依頼されたところは新しい仕事が入ってきたことになる。

 

3方よしではなかろうか。

 

得意先の持ちすぎは幸福度を上げない

 

こういうところにたどりついた。

 

 

ひとり占めは全体のプラスになりにくくそこで働く人も大量の仕事に消耗してしまう。

一件ごとにしっかりとした売り上げ基盤があれば・・・。

 

 

残念ながらそうはいかず、毎月売り上げに波があって、もっと売り上げを安定・増加させるために新規開拓だの掘り起こしだのを上から言われるのだ。

 

 

みんながんばっている

日本の民はこのみんなという言葉に敏感だ。

みんなやっているからあなたもやりませんかと謳い文句によく聞く。

 

みんなって誰だ?

 

ライバル会社に奪われるから?

給料が払えなくなるから?

上司が残業しているから?

 

ぼくもがんばれってか?

 

 

そこまでする必要があるほどの給料をはたしてもらっているだろうか??

 

”そこまでするほどの給料を、おれはもらっていない”

今は心の中でしか発せないが、早く帰りたい一心で仕事する。

 

明日でいいことと自分の中で仕分けして、事務机に佇むノートパソコンをシャットダウンしよう。

時間的、精神的なプレミアムをつくろう

国内にてプレミアムフライデーを生き延びた。

 

労働者で15時に退社し、プレミアムなフライデーを過ごせた人はいったいどのくらいいただろうか。

 

ドミノ・ピザツイッター投票だと88%がぜんぜんプレミアムじゃないとの結果だ。

 

 

一部の大企業だけが適用できるルールのようにぼくは思った。

大企業向けに作ったものだということ。

癒着感が高まってくる。安部政治は経済会と仲良しだから。

 

中小零細には無理だ。

このような角度からも切り捨てられるのだ。

 

仕入れ先も得意先も何事もなくみんな働いていた。

 

ぼくは15時を過ぎたころ、帰ってゴロゴロしたいという幻想を抱きながら目の前の作業および仕事に取り掛かっていた。

 

”賃上げがここ数年で実施されてきているけど消費が伸びないから早く帰らせて金を使わせよう”

 

本当に効果があったかどうか、来月再来月も実施してみて人々の行動が変わったか検証されるだろう。

 

そもそもぼくは人々が消費することに疲れ果てて早く退社しようが金を使わないんじゃないかと思っている。ぼく自身もこの制度の早く退社させるという部分は大賛成だ。たくん好きなことに時間を割き、寝て精神を回復し、明日への活力とすることができる。

 

 

個人消費を無理にやる必要はない。

必要以上のものを無理に買う必要はない。

電車の広告に駆り立てられる必要はない。

 

何を買おうか、食べようか、昼飯のチョイスすら頭を無駄に回転させなければならないのだ。

コンビニの商品点数の多さは疲労を知らず知らずのうちに与えている。

 

 

○○離れというフレーズはひとつの答えなのだ。

自前のものをみんなが持つ必要性はなくなっている。

趣味やこだわりのあるものだけでいい。

 

お前ら消費しろ、とヒトであるぼくらは消費者にさせられている。政治に。

金もっている政治家が消費しろ。とぼくは思う。

持たざるるものからさらに金を奪うことはあってはならない。

 

持つものが持たざるものへ行き渡らせる。正しいトリクルダウンが実際には行われていないんじゃないか。逆の流れが、貧乏人から吸い上げて富裕層が肥えていくことが増えているんじゃないか。

 

 

そんな気がする

 

今日も生き延びよう

 

とにかく平和になってほしい

うちの会社が仕事をしなくても、ほかの会社が納品する。

うちのルートで手に入らないのなら、需要家はどこからか供給家の製品を購入する。

 

 

最終的に自衛隊基地へ納められるもの。

どんな状態で入るかわからないが、うちから買うからお金はうちに入ってくる。

うちの会社は潤う。

 

利益がそこから生まれる。

その利益が給与に割り振られる。

その利益でぼくらは飯を現在食べている。

うちから買うか、他者から買うか。略奪でしか利益は生まれない。

 

GDPには戦争に使われるものも含まれている。

命を脅かすものを生産する仕事が忙しくなればなるほど経済は活性化していると分析される。

 

化学、武器、兵器などなど。。。

 

お客さんが何に使われるかわからんけどこれが必要だから見積もりとか注文とかいうのが増えているのではないか。

 

何の金型か、何の機械か、エンドユーザーはどこなのか。

 

そんなことを知ってしまうと、よくないこと、戦争とかにつながるようなことにかかわっているのではないだろうかと不安になる。原発もそうだ。

 

人々の生活に不安要素となるものをどんどん作れと旗振りしていて、それで幸せになれるだろうか、この国は。

 

経済で結果を出すとポスターに書かれていた。

 

結果は出る。

 

悪い結果であろうとも。結果なのだから。

 

良い結果とはどんな結果だろう。

 

幸せな国民がひとりでも増える日本になることではないだろうか。

国中の人々が豊かになること。自殺者が減ること。お金がみんなに行き渡ること。

 

今の国は、物質的には豊かだ。でも精神がやられちゃっている。

自殺者はじわじわと毎年増えている。

自殺までいかなくとも、労働で搾取されている人はたくさんいる。

大企業はニュースで取り上げられるが、氷山の一角にすぎない。

 

ピラミッドの上層部がはしごをはずしている。

ピラミッドは大きなものから小さなものまで全国にたくさんある。

 

既得権益は人々を狂わせる。

一度得られた生活水準はどんな人でも下げことに対して抵抗するから。

権力者は保身のために行動する。

非権力者も行動する勇気をもたない。

変わることを恐れている。

ぼくもそうだ。

会社辞めたい、でも辞められない。周りの目がにらみをきかせている。

人質でもあるのか、生活がかかっているのか、辞めたあとのことを考えてしまうのか。。。

 

GDPでは幸福度を測れない。

むしろ上にいけば行くほど幸せでない人がたくさんいるのではないだろうか。

 

USAにいる人もこれからどんどんそんな人が増えてしまうのではないかと思う。

差別が、暴徒が、ますます増える気がしてならない。

 

どうすれば世界中が豊かになれるのだろう。

 

世界平和。

PEACE。

 

出佐賀記

経済成長はもう望めない。

玄海原発の新基準にOKが出たことにより、脱佐賀する人なんかも増えるんじゃないだろうか。

地元の方々は原発運転の実験台になるのか。生まれ育った土地が放射線に汚染されるかもしれない。そこにもう2度と足を踏み入れられなくなるかもしれない。悲しいことだ。

そんな不安を植えつけようとするかたわら、経済人と政治家は夏に動かそうとしている。

 

何か大きなトラブルが起きたとき、責任は誰がとるのか。

東京電力みたく平然としている未来が脳裏に浮かぶ。

3.11の後には故郷に帰れなくなった人が増えた。

あの経験が玄海原発周辺に起きないと、いや、起きたとしても原発賛成!!って言うんだろうな。

原発の仕事があるから町が潤うのか。

原発ありきの体質にどうしてなってしまったのだろう。

 

どうしてまだまだこれから経済成長だとか、伸び代があるかのように思っているのだろう。

 

どうして一般市民は幻想を抱かされたのだろう。

うそだとわかれば目は覚める。だけど眠ったままの人はたくさんいる。

 

政治に、テレビに、広告に。

 

 

大企業の、それも上層部が全部我が物にするためのグローバル化だろう。

 

 

略奪によってのみ利益が発生する。

何もないところからは生まれない。

 

ぼくが今している仕事はまさにその典型だ。

顧客の仕入先をよそからうちに変えるだけだ。

そんな利益を求める仕事は求められているのだろうか?

 

誰かの、地球の将来に寄与するのか?

 

持続可能な世界にするための小さなアクションなのだろうか。

それとも資本主義に踊らされているだけなのか。

 

 

ぼくはそんな会社でなにか握られているからせかせか働いているのだろうか。

給料?弱み?

お金はちまちま貯めてきた。

ある程度の時間は無給でもやりくりできる。

 

 

何かに我慢して一生を終わらせるのか。

お金に一喜一憂せずにやりたいことを求めていくか。

 

 

選べる道は、ひとつだけ

 

奴隷根性、自己犠牲の強い国民性だ。

 

そして欲望のかたまりだ。

 

 

 

新年の雑記

2017年が始まった。

今日の天気は非常に良い快晴。

 

 

今朝は7時ごろに起床した。

 

朝は4時ごろまでニコニコ動画を見ていた。

ゆく年くる年を今回は見ずに2016年を終えたのである。

紅白歌合戦椎名林檎さんは良かった。事変かというメンバー構成。亀田さんのベースがテレビのスピーカでも良く聞こえたのでおおと思った。

 

7時から2度寝をしようとしたが起きようと思ったので部屋から出た。

 

御節料理を食べた。

好き嫌いがないことに良かったなあと今となってはしみじみしている。

 

初詣は今のとこ近所で済ましている。

 

世界平和

世界平和

世界平和

 

ぼくを含め、世界中のさとり世代、ミレニアル世代はだいたいこれを祈っているのだろう。

 

いい1年にしていくために自分でできることもある。

自分でコントロールできないこともある。

 

選べる道は、ひとつだけ

 

いままで以上に自分が生存するためのライフハック的なものがこの国を覆うだろう。

そして、不正をしなくては生き残れない会社たちが取り上げられるだろう。

 

 

資格を取るか、見聞を広めるか、人脈を拡大するか、趣味を極めるか・・・

 

戦術はみんな頭の中にあって、

 

運命を変えます!

 

そんな1年になるといいね。

 

いいことをしよう

いいことを考えよう

わるいことも耳にしたり、目にしたりするけど、

いいことをしよう

 

お疲れ様でした。

ありがとうございました。

 

 

せっかくのチャンスをつかめなくても自分を責めなくていい。

 

自分から攻めなければチャンスをものにすることはできない。待っていても何も始まらない。

 

何度もネット記事なんかで見かける言葉だ。

 

 

頭ではわかっているつもりなのに、実際には動けなくなるんだな。

 

二度とその失われた機会は来ないかもしれない。

 

運命が変わるほどの大きなものから小さいものまで決断、意思決定することがたくさんある。学校とか、会社とか。どう生きるかを決める瞬間。

 

恋だったのだ。

 

気になる女性が現れたのだ。

 

ぼくはどきどきしていた。何もしゃべれない。 振り向くこともできない。

 

本能的にその女性のことを気になる人と認識していたのだろうか。

 

アタックチャンスは突然やってくる。

 

どうすれば機会を自分のものにできるのか?

 

恐れない。

勇気を振り絞る。

 

だいたいこの二つに集約されるだろう。

精神論過ぎるが。

 

恋愛に関しては、自分が言うのもなんだが

 

お誘いしても断られたらどうしよう。

引かれたらどうしよう。

今後の仕事に影響がでたらどうしよう。(仕事関係の女性の場合)

 

こんなことを考えてしまうのだ。嫌われることを恐れてしまうのだ。

 

先のことを考えてしまうのだ。理性のかたまりが脳内を支配している。

何かを得る喜びよりも失う悲しみのほうがインパクトが大きい。

失うものなど何もねぇ!という捨て身の精神力。ほしい。。

 

お客さんに新規開拓でも、商品を案内するときもとにかく持って行く。このお客さんには関係ないだろうと自分のなかで完結してしまうと怒られるもんだ。

 

自分の行動を評価するのは相手だからだ。

 

そのカタログはお客さんにとっては使い道があるなと考えるかもしれない。

自分よりも情報を持っている。自分では想像つかない使い道をするもんだ。

 

 

相手が評価するといっても、自己評価を下げる必要はない。

自己評価を下げることは自信喪失につながりかねない。

 

ぼくはがんばった。よくやった。

自分で自分を褒めることも大切だ。

最近は会社に奉仕する人も増えている。

洗脳され、社畜化してしまった人たちが、認められるがために体を犠牲にして夜中ライトがついた事務所に残っている。

会社が評価してくれるまでがんばらなくていい。

会社が評価しないからといって自分はダメだ・・・なんて落ち込む必要はない。

 

彼女が、会社が、愛してくれないからといって自分が100%悪いということはない。

10:0で自分が全部悪いということはない。

 

 

落ち込むのはほどほどにして、自分を大切にしよう。

 

 

そうやって、自分に言い聞かせるのであった。

 

お疲れ様でした。

ありがとうございました。