読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変拍子日記

不定期な日記

一平ちゃんが好きだったぼく。

おはようこんにちはこんばんは。

 

 

お昼ごはんを食べたぼく。

 

 

ケチャップライスと赤いきつねを食べたぼく。

 

 

一平ちゃんが食べたくなったぼく。

 

スーパーに行ったぼく。

 

帰ってきたぼく。

 

湯きりしたぼく。

 

食べ始めたぼく。

 

食べ終わったぼく。

 

違和感を感じるぼく。

 

口の中に不快感を覚えるぼく。

 

後味がこんなのだったかと疑問を抱くぼく。

 

昼飯を食べて2時間ほどしか経過していないから満腹状態ゆえの効用の低さかと考えるぼく。

 

あれほど食べたかったから買うために外出したのにこれかと失望するぼく。

 

 

自分はそこまで一平ちゃんが好きじゃなかったのかと問い始めるぼく。

 

 

しばらく一平ちゃんはいいやと結論づけたぼく。

 

 

お疲れさまでした。

ありがとうございました。

 

何がしたいんかをはっきりさせたほうがいい件

おはようこんにちはこんばんは。

 

 

ワーキングホリデーのセミナーへ参加しました。

 

 

初めての人向けの内容で、各国についての説明、渡航において大事なことを説明されましたよ。

 

 

ニュージーランド、オーストラリア、カナダなんか良さそうとかぼんやり思っていました。

 

ただ、ぼくは考えてなさ過ぎてその先が闇、真っ暗なのでした。

 

 

外国へ行って何がしたいのか(何をする予定か)

どのくらいの予算でいくのか

いつ行く予定なのか

 

などなど。

 

「ワーキングホリデーで外国語流暢になって、帰国してまた就活かあー。企業に属する人が多いって言っていたけど、結局また組織に属して消耗するのかなー。」

なんてことを聞きながら思っていました。

 

1年間有効なビザを取得することになります。

国内旅行と違い今の会社を辞める必要性があります。

会社を辞めることに関しては抵抗はありません。

 

といえば少しうそになるかもしれないですねー。

 

途中で抜け出したぼく以外の方は、仕事を辞めるつもりの人や、先の流れ(渡航してどう就職するのか~)というのがよく知りたいような人がいました。

 

 

 

ぼくは今の安定した環境を手放すというところに抵抗を感じているのかもしれません。

サラリーマンは非常に楽といえば楽だからです。

拘束時間、仕事の内容、人間関係。。楽じゃないものも無限大にありますが、25日を迎えられれば給料ゲットできて税金、社会保障は会社が処理しています。(お金に無頓着なだけかもしれませんね。)

 

べ、別に会社自体が好きだから属しているんじゃないからねっ!

 

今の会社への忠誠心は以前よりなくなっています。

 

お金たまったから辞めたい。そう考えてはいます。。

 

まだ辞表の辞の字も書いていませんが。

心の辞表はあって、でも心のブレーキを踏みっぱなしという感じでしょうか。

 

外国へ単純に憧れを持っているだけなのかもしれません。

 

それだったら、地球一周クルーズや、旅行でいいじゃないか。そんな考えが浮かびます。ピースボートという手段を最近知りましたから、外国へ行く手段はいろいろありますよね。

 

まだ考えてないです。。

考えておきます。。

特にないです。。

 

スタッフに回答するたびにこの言葉が出ていました。。

コイツ・・・っ!て思われたかもですね~。

 

 

結局ぼくは何がしたしんや!?

 

 

この部分がないと好きなことで生きていけない。

 

このようなことがはっきりしたというのが収穫でした。

 

お疲れ様でした。

ありがとうございました。

ACIDMANの最後の星が最高すぎる。

 

 

おはようこんにちはこんばんは。

 

ACIDMANのニューシングル、『最後の星』を購入しました。

 

控えめに言って最高です。

 

シングル買いたい!って普段アルバムだけのぼくは発売前から購買意欲が高まって降りました。

なぜか?

Secondline & Acousticの曲ではなかったのが大きいですねー。

あのシリーズもいい曲なのは間違いないです。

ただ、コレクションとしてアルバムが出るのを待ってしまうようになっていました。

 

また今回は静かなる調和や human traffic のようなポジションの曲が聴けると期待していましたし。こういう曲構成を楽しみにしていたんだ!!

f:id:migration1064:20161026205242j:plain

 

 

アルケミストとはまた違う形で開かれていく展開。壮大さという感覚、表現でしょうか。

 

シンプルなベース音が響く。シンプルゆえに鼓膜へ強く訴えてくる。

 

Sore、アルフヘイムにも続くギターフレーズ。若干聞こえ方が変わっていくのもいい。

 

ぼくはアコギ曲が好きなので( So farとか)Sore、アルフヘイムにアコギ音がたくさん出てきて観喜!

 

アルフヘイムの軽快なドラムも大変心地よいです。

 

アルバムがますます楽しみです。

 

 

お疲れ様でした。ありがとうございました。

 

 

下痢の人がすべき3つのこと

おはようこんにちはこんばんは。

 

 

体調不良が続いている。

 

はじめてだ。

 

ぼくがこんなに調子が悪くなるというのは。

 

食あたりだそうだ。お医者さんに見てもらった結果。

 

何を食べたのが思い当たらない。

 

だが現在外に出ることもなく家でゴロゴロしている。

 

同じ体勢でいるというのは案外ストレスが溜まるんだな。

 

寝ておけば一番カロリーを消費しない

 診てくれたお医者さんが放った言葉だ。

もっと悪い状態ならばベッドで一日点滴しているようだが幸いぼくはそこまでの状態ではなかった。

カロリーを消費しない状態を維持すれば食欲を抑えられる。

 

食事はなくても水分さえとっておけば死なない

汁物なんかもベターである。

僕はうどんがすきなので食べられるとうれしい。

ただ、食べたものがすべて下痢となって出て行くのであまり食べ過ぎた場合はトイレの回数が増えてしまうだろう。

スポーツドリンクか水があれば数日は生存する。

 

会社を休む

これは大事だ。

いつ下痢に襲われるかわからないから。

通勤電車なのか、外回りの車なのか、どこでも危険が付きまとう。

周りの人が時間を多少犠牲にしてこちらの面倒を見ることになる。

ぼくはちょっと貸しを作った気持ちになる。

いつか彼らにこの分を返さなきゃって思う。

だったらノーワーク・ノーペイなんだから最初から休んだほうが一番効果的だ。

1日分の給料はあきらめて、回復に専念するほうがいい。

出社しても早退する可能性もある。

ぼくがいなくても、会社は回る。一部の読者の皆様の環境もそのはずだ。

 

ぼくは会社を休んだ。

病院に行った平日の昼間。地元は爺婆であふれていた。

しかし普段見ることのない景色に新鮮味を覚えた。

平和な空気が流れていた。こう表現すればいいのかも。

 

 

お疲れ様でした。

ありがとうございました。

 

ただの飲み会ならば退いて道をあけるがいい。時間の無駄だ。

おはようこんにちはこんばんは。

 

 

会社の飲み会を断った。

 

時間の無駄だからだ。

 

 

 

土曜日出勤のときでないとそんな時間が作れないのはおかしい!!!

 

 

なぜわざわざ出勤したのに遅くまで会社の人といなければいけないのか。

 

最近はお金しか働く理由が見つからない

 

早く来ても

遅く帰っても

給与は変わらない。

だったら早く帰りたい。

仕事をすっぽかして帰りたい。

明日でいいことならば、無理せず今日遅くまでしなくてもいいと思いたい。

 

 

 

だるい。疲れた。寝る。

 

 

お疲れ様でした。

ありがとうございました。

しない

おはようこんにちはこんばんは。

 

タイトルを少し変えました。

 

 

変拍子な人生 から 変拍子な人生の日記

 

phaさんの本『しないことリスト』今日から読み始めて、すぐに影響を受けました。

 

 

~~の日記にして、更新しなきゃっという強迫観念からちょっぴり解放された気分にします。

 

しなくてはマズイですよーとか、

しないといけないことがあるとか、

must do な物事であふれています。

と、書いていることを読んで改めて僕も実感しました。

 

会社休んでみたいです。

有給を消化できるような雰囲気になればいいのに、そんな雰囲気の会社ではありません。

休みを取りたいが、どう社長に言おうかと上司が頭を悩ませているくらいです。

雰囲気重すぎて有給休暇は都市伝説と思うようになってきています。

 

なんかの本に書かれていた、自分の棚卸しのために自分には何ができるのかというできることリストを作ることは大切です。

 

肩の力抜いてリラックスした”しないことリスト”を作ることも大切ではないでしょうか。

 

朝の満員電車で同じような服装したたくさんのうつむいたおっさんたちを車両の端っこから見ていて何ともいえん気持ちになる今日この頃でした。

 

 

お疲れ様でした。

ありがとうございました。

 

 

 

君の見え透いた法螺話

※ネタばれが含まれた記事です。

 

おはようこんにちはこんばんは。

 

向井秀徳アコースティック&エレクトリックのライブを見に行きました。

f:id:migration1064:20160919194235j:plain

9/17、京都で公演されるとあって、情報をキャッチし早めにチケットを手に入れました。

 

関東の人は比較的会いに行きやすいと思います。

 

関西在住は関西で会える数少ない機会だったと思います。

 

 

 

当日は京都観光もあわせて早めに京都入り。

哲学の道を往復しました。

f:id:migration1064:20160919194217j:plain

普段運動しないのでこんなときでないとテクテク歩くことがありません。

かなりのインドアですね。

 

ライブを最後に見に行くというコーディネートされた一日。

ラーメンも食べれたし、自然の空気も味わえた、よき日でした。

 

 

ゲストに吉田一郎不可触世界。

 

おれ得でありました。

 

アルバム音源がライブでいかに化けるのか、楽しみで仕方ありません。

 

 

打ち込みが曲が終わればすぐ次のが始まり、テンポよく次の曲へ。

 

CD音源とはまるで違う。

 

こう始まるのか!?といった驚きがたくさんありました。

 

30分ほどで吉田さんは演奏を終了しました。

中でも暗渠、法螺がとても素敵でした。

 

次にアコエレさん。

 

転換作業を手伝う様子はZAZEN BOYSと同じでしょうか。

先輩・後輩の関係がそうさせているのでしょうか。

 

何にせよ、てきぱき進むのは見ている側も安心するものです。

 

アコエレさんは、ナンバーガール時代の曲もやっていましたが、曲名が思い出せませんでした。

 

春猫祭り。

お祭り。・・・のくだりが面白かった。

 

エレキ曲も低音、高音ほどよく聴けました。

 

ただ、ライブ前に歩き疲れていたのか、後半少し眠かったです。

 

そんな状態をハッとさせたのが、自問自答。

 

 

この曲を聴くためにここへ来たんだ。

そんな感覚になりました。

7分はあろう曲なのに、一瞬で過ぎていきました。

 

 

 

裏アマゾン、地下での向井さんが少々気になりましたが、深堀はしない方向で。

 

自問自答を生で聴けたというところにものすごいプレミア感を自分で勝手につけていきます。

 

ZAZEN BOYSではもう聴けない曲でしょうから。

 

閉演後の吉田さんは足早に物販ブースを設けてタバコをふかしていました。

結構背が大きいからか、立っているだけで存在感がある。服装がそれを増幅させている。そんな気がしました。

 

スタインバーガーのベースが小さく見えたのもその影響だと思います。

ソロの時のメインで使用しているのか、ベースが変わっても音の厚さは相変わらずすごかったです。心臓にダイレクトに響いてくるような、また全身を覆ってくる音の波。そんな感じ。

 

アンコールもやっていただいて、大満足の時間でした。

また見に行きたい。そう思います。

 

お疲れ様でした。

ありがとうございました。