変拍子日記

不定期な日記

風邪はお便り

久しぶりに風邪をひいた。

 

熱が出た。

 

会社を休んだ。

 

休む前の日から調子は悪かった。

 

くしゃみと鼻水が止まらない。

 

平日の朝、いつもなら家を出ている時間だ。

 

でもぼくは家にいることができた。

 

会社など放っておけばいい。

 

回るに決まっているのだから。

 

回らなかったら会社として問題すぎる。

 

何のために何十年も経営していたのだと。存続していたのだと。

 

ぼく如き会社にいなくても1ミリも問題ないわけであって。

 

だから”風邪引いたのですみません休みます・・・。”

のすみませんという気持ちは電話切ったら捨てていい。

 

会社を休むというのは尊いことでさえ思えるようになった。

 

状態が普通だと取れない行動というのは貴重だ。

 

不健康というリスクを負うことにはなるが。

 

普段ならいつものように電車に乗ってる時間。

 

昼飯をコンビニ弁当で済ましているお昼休憩。

 

電話&ファックスの止まらない営業時間。

 

帰宅ラッシュの中で消耗する電車内。

 

そういったものから解放してくれたのだ。

 

体の中の細胞が”自分働きすぎやで。いい加減にしいや。”

と諭してくれたかのようだ。

 

”早く直して”と会社の人は電話越しに言った。

これほどすばらしい時間を幸い軽度の風邪で済ませられたならば

もっと続いてほしいと思える。

 

要は働きたくないというわけだ。

 

働いている時間というのはいろいろ副作用があってその影響は思っているより大きい。

 

食物や飲み物、行動内容までもルーティン化されて本当に思考が停止するような錯覚に陥る。

 

脳によくないルーティーンが形成されることが多い気がする。

 

外回りの仕事のぼくでこう思うのだから、

 

ずーっと社内にいる事務職の人は発狂するのではないだろうか。

 

軽い軟禁のようだとぼくは思う。

 

テレワークやリモートワークは導入を歓迎されるべきだと思う。

 

自分が居る環境をころころ変えること自体が良い刺激になるだろう。

 

 

感想『落合 陽一氏が語る 「日本人とお金」』

落合陽一さんのこちら。見ていて損はないかと。


落合 陽一氏が語る 「日本人とお金」

 

 

ぼくも拝金主義的なところがあって”うっ”となっています。

毎月決まった額を貯金していて、金額が増えていくのを楽しみというのを否定できません。それは会社辞めてもしばらくの間生活できるようにするためでもあります。

 

宝くじは買ってはいません。

 

でもテレビの話で出てきた豪邸やら他人の貯金残高とかというのはおっしゃるとおりと思っています。だから何?というような。他人のことより自分のことを考えようと。

最近のテレビは意味のない内容が本当に増えている気がします。

オワコンといわれて、自ら終着駅に向かっていると思えるくらい。

気になる場面でCMに入る展開という供給の仕方には需要がまったくないですし、

その展開を変えられずにいる体制が続いているのは問題ではないでしょうか。

 

 

大学に入った時点でポジションを取っていることになっているのですね。

今思えばぼくはサークル&バイト&勉強に終始時間を費やしていたと思います。

価値を生み出していく人になっていかなければならない。

こんな決意みたいなものにも意味はないけど。

 

 

知名度やフォロワー数が多い高い人はスパイラル的に上昇していくのでしょう。

どんどん加速度的に繋がっているのだと思います。

今数が少ない状態をいかに増やしていくか。。。

”突き抜けてないと集まらない”

”勉強すればいいじゃないですか”という発言が印象的でした。

 

 

将来価値が出そうなこと

自分にとって価値があること

 

お金とどう向き合うか。

”未来においてそれが必要なのか必要じゃないのかをなんとなくコメントできるようにしておく”

予測ができるとリサーチができる。

次の一手を打てるようになる。

ものが好きか。

対象が好きか。

ずっとそれを見ていられるか。

 

集中力が大事なようです。

没頭するような自分の中にある情熱。これがあるとないとではうんと違うのかと。

 

質問する人の不動産とか年金についてあらゆるジャンルを質問しているのも落合さんの見解が聞けてよかったと思います。

そもそも年金とは?

なぜ年金が必要なのか?

それを、自分の頭で考えるのが重要とのこと。

小さな一歩から

ZAZEN BOYSが12/22に行ったMATSURI SESSIONの映像化を期待するぼくです。

 

 

小額でもいいから新しいものにダイブしておくべき。最近思うことです。

スモールステップです。小さな一歩が自分を変えるために必要です。

 

積み立てNISAを申し込みました。

今年初の新しい試みが始まろうとしています。

 

仮想通貨のツイート、記事、動画が賑わっておりますね。

 

大変喜ばしいことではないでしょうか。新しい技術は社会を変える力を秘めています。

 

こうも白熱している中、

”自分のようなド素人が参加したらそれこそ暴落するのではないだろうか。”

こう思う人も多いのではないでしょうか。

 

自分もそう思うひとりであります。

 

まずブロックチェーンが何とか仮想通貨の種類がどのくらいあるか。。

知識レベルで説明できることが少ないのが実情です。

とりあえず積み立てというのもできないわけではないかもしれません。

けど、自分の知らないものにお金を費やすことがあるでしょうか。

 

だからまずは本を読んだりググッたりしてインプットから始める必要があります。

以下のものなど、導入編として入りやすいかと。


アイクぬわらがビットコインを解説!

 

ZaifさんのHP上にアップされているものもいいかと。

あえてこういう形をとって親しみやすいものであると思わせなくはないような感じもしますが・・・。

 


かまいたち×Zaif「仮想通貨始めてみたら?」仮想通貨お笑い #1

 

 

”リスクはこんだけで、チャンスはこんだけ”

ということが出てきます。

 

 

バイ・アンド・ホールド戦略が通用するのかわかりませんが、

取れるのであれば投信と一緒にこちらも行いたいと思います。

 

大損こいたようなこともツイッター上で見受けられますが、

失ってもいいような額を自分で設定してしまえばいいかと。

また値動きが気になって時間を奪われることが少ないと思います。

 

戌年にあやかって、上昇気流の波に乗って生きたいですね。

とりあえず休みだから寝るというのは間違っていない

2018年が明けました。おめでとうございます。

 

今年の目標!目標!と新年から駆り立てられる人がいると思います。

というか、自らを駆り立てるという現象でしょうか。

 

ネットを見ていると、

なんとなく、

誰から言われることもなく、

駆り立てられるのではないでしょうか。

 

寝ましょう。

 

目標など休み明けでもできることです。

 

明日死ぬとしたら、目標を考えるよりは寝る行動をとります。

2択の場合。

 

 

そしてあと48時間と幾らかの時間が過ぎたときに、

ああ僕はまた会社に出向いて仕事をしているのだろうなー

と思ってしまうわけであります。

 

この休みは何のためにあるのか。

課金しとる場合ではい。お年玉を何に使うというのは、皆様の自由意志だからこちらからは何も言うつもりはありません。

 

友達に結婚する人がどんどん増えていく年になる気がする。

結婚する人が前を歩いている。

後姿を見ている僕。

取り残されている錯覚。

そう、錯覚なのだと思う。

結婚している人が優れているのだと。

少子化の観点からは社会から認められるのだろう。既婚者というのは。

結婚できない自分はどうしようもない人間だと。

そうやって自分を劣等感に浸す思考を止めよう。

結婚する人にも向き不向きというのはあると思う。

成熟社会に避けられないことなのだ。満たされているから

結婚してより一層満たされることもあるけど、

それよりも自分の時間を大切にしたいという人もいる。

 

新年早々仕事はじめの人はたくさんいる。

病院にいくことがあったが、年末年始は関係がないといった空気だった。

ありがたいと思った。

お餅で死んだり、救急車が元日から鳴り響いたり、悲しい出来事は多い。

働いている人に煩わしい思いを持たせないためにも、

寝正月でいくことは悪いことでない。

 

コンビニやスーパーにお勤めの皆様はもっと評価されるべきだと思う。

報酬に対して業務内容が多いとかあると思う。

横柄な態度をとる人というのは業務妨害で通報されてもいい。

お客様は神様ではないのだから、そんな態度をとる資格などすべての消費者にはない。

対等であるべきなのだ。

 

2018年は素数ではないから、平和な年でありますように。

掃除は年末に限らないからできるときにすればいい

部屋の掃除をした。

 

いかに家事は大変かというのを実感する。

料理以外はマイナスをゼロにする作業とはよく言ったものだ。

 

衣類からチリは出続けていくし、それが積もってパソコンの液晶なんかに

たまっていく。

髪の毛は知らず知らずの内に頭皮から床に脱出していく。

長い間触れないものには埃がまとわりつく。

 

かばんの中には不要なものがどっさりあった。

お菓子のようなもらい物はどうしても食べる気にならない。

食べないから捨てるのに困る。

 

何でもかんでも捨てるなと、父から言われた影響だろうか。

 

しかし自分の部屋をごみ屋敷にはしたくない。

家には扉を開けた先に空間がわずかしかないところもある。

 

年を越すというのを大掛かりにとらえすぎではないだろうか。

 

今年中になんとかしなくちゃ

今年の汚れ、今年のうちに

今年最後のセール

 

広告にはこういったことが謳われている。

 

いつの間にかそうしなくちゃと、煽られている。

煽り耐性を鍛えなくてはならない。

自分のペースで生きることが大切だ。

会社のペース、周りのペースに翻弄されてはいけない。

 

掃除もたまたま休みだからできるわけであって、

年末だからしなくちゃと思うこともない。

通常の休みでもできる内容なのだから今する必要はない。

mustの気持ちは焦りを生む。

 

自分の人生だから自分のペースを大切にしよう。

 

ZAZEN BOYSのライブ

12/22日はZAZEN BOYSのライブだった。

 

大阪シティーに来ていただけることが珍しいこともあって、

ライブが決まったニュースを知り、チケットをすぐ注文した。

その当時は行けるかどうかわからなかったが行くしかないと思った。

 

いつもなら名ばかりの就業終了時間17:30を向かえ、即梅田に向かった。

振り返ることなく会社を去っていくその速度は普段よりも速かった。

 

 

ライブが始まってから終わるまで2時間を軽く超えていた。

Fender TelecasterかわKimochiまで全ての曲がすばらしかった。

 

なんといってもベースの吉田一郎さんだ。

バンドを抜けるということを考慮してもしなくても同じだが、

奏でる音一つ一つの重みがケタ違いだ。

鼓膜から心臓まで響き渡る重厚なベース音に酔いしれた。

吉田さんの気迫は顔を見ても一目瞭然だった。

カウントを取る時なんかも声が十分に聞こえるほど発していた。

ハンドクラップでカウントを取るくらい数えていた。

 

ドラムの松下敦さんもかなり重い音を出してくれる。

バスドラがあれほど刺さってくるようなドラマーを僕は知らない。

松下さんの口から”冷・凍・都市・から!”

と聞こえた瞬間はまさかと思った。自問自答だ。

今の4人体制で聴けるとは思わなかった。もっとも驚いたことのひとつだ。

 

ライブならではの向井さんのアドリブが笑った。

独饅頭、ポテサラ、泥沼、パンツ、イカサマ、本能寺・・・

さじ加減次第ではないだろうかと思うような展開がそれでも

息がぴったり合うようにブレイクする。

さじ加減を決めて何度も練習を重ねていたのだろうかと思うくらい。

 

吉兼さんのギターもトリッキーなことをしていると思う。

同じリフが終始引き続けると狂ってくるのではないだろうか。

パンツのときのギターはまさに天才的だった。

 

ライブが終わっててくてく歩いていても、脳内で鳴り止まなかった音たち。

いつかは忘れてしまうのだろうかと思うと悲しい。

 

吉田さんのベースが鳴る場所に立ててよかった。

 

生きてて良かった金曜日。

 

 

 

 

生かされているが労働している現状

あの時運が悪かったら死んでいたかもしれない。

 

そんな瞬間のことがフラッシュバックして蘇る。

 

大学時代、仕事中、帰宅途中・・・

 

思い出すたび思うことがある

 

生かされているのだと。

 

そしてまたそう思うまで脳内に格納されていく。

 

仕事脳になっていく。

 

繰り返される、思考は無常

それでもやっぱり蘇る、仕事モード