毎日の積み重ねは無理のないレベルで

20時近くまで労働をしていた。

 

ああ、こんなに勤め人で体力を消耗してなにをやっているんだ俺は・・・!

という虚無感を覚えずにいられない。

大体平日は午前中から既に疲れている。

 

事務職の女性で定時退社がしやすい環境であるほうが

+@への注げる時間が明らかに多い。

そこから副収入へ繋げられればいいステージに上がりやすいと思う。

早く帰っていくほかの人たちを見て羨ましいと思わずにはいられない。

ぼくも定時退社をもっと決められれば・・・!

 

とにかく家に帰ってきてからのご飯食べたりする習慣にはそれほどエネルギーを使わない。しかし+@へ取り掛かる場合腰が重い。平準化されてないからだ。

 

楽待で新着を眺めるだけでも小さな一歩である。

待つことも大切だ。

早まって購入することはない。引かなくてもいいババを引いてしまわぬように。

そのババがダメージ少なそうであれば勉強のひとつと思って購入することもありかもしてない。

収益不動産の購入はもちろん早いほうが貯金のスピードが速くなるので十分なメリットもある。

 

 

 

仕事頼めない

自分のことは自分でやる

 

よく聞く言葉だ。

自責マインドはこういうことを指しているわけではないと思う。

変にこじらせたマインドが皆の中に入ってしまっているのではないだろうか。

 

自分の仕事を人にさせるというのは気を遣う。

なんで私が!?みたいな気持ちにさせてしまうのではないだろうか。

 

相手の気持ちを配慮すればするほど頼み事はし辛くなる。

下手に出て”~してもらえないでしょうか”くらいのお願いする姿勢で臨まなければ相手にストレスを与えるだろう。

 

また、人に振っておいて自分は一体どれくらいの仕事をこなせているだろうかと思う。

こういう考えをしていると経営者向きではないのだろうなと感じる。

経営者は俯瞰する感じで会社を見ている。

仕事していないわけじゃないけれども、経営者は人に仕事を振るのがうまい人ではないだろうか。

最終的な責任は俺にあるとはいうものの、その手前の階層で大体のことは止まってしまうので経営者が直面するということはそんなに多い気はしない。

あくまで自分のいる勤め先の感覚に基づいているだけなので、他所ではまったく違うことも十分あるだろう。

 

栄養

体の中の栄養が足りなさ過ぎて体調が悪くなることがある。

 

白血球が多くなりすぎると、腹痛のようなものが発生する。

 

点滴を今まで2回受けてきて安静になったことがある。

 

昼飯は相変わらずコンビニが多い。

 

”そんなんばかりやと肥えへんで”と周りにいわれる。

 

そうはいっても・・・と自分の中でまた葛藤が起きる。

 

そんなに昼飯につぎ込める金があるのか?

コンビニ以外の外食だと1ヶ月いくらかかるんだ?

自炊はできるのか?

 

1ヶ月少し豊かな飯を外で食べるとなると

ほかを削らなければならない。

 

毎月の貯金か、債券か、投信か。給料の大半はこれらにまず行き先が決まっている。

給料を得られると、先に回すものを引いて残りで生活するので基本的に残っている金額は数千円である。

 

さあ、どう過ごしていく・・・?

練習

ドラムを叩くことができた。

 

久しぶりにスタジオ練習をしたのである。

 

練習用のパッドを購入したほうが、2時間1,000円するスタジオ代で得る効用よりも長期的には経済的な気がする。

 

シンバルとかハイハットがセットされた状態で思う存分音を鳴らせるというのはスタジオの魅力の1つだ。

 

自宅では騒音問題がどうしても避けられない。

 

ゴム素材の断片なんかを貼り付けてなんかで音を減らす一手間を加える必要がある。

 

ともかく、いい汗をかけた気がする。

 

 

花畑牧場

今日はなんだか暑い。

 

花畑牧場田中義剛社長がテレビに出ていた。

 

生キャラメルから豚丼、チーズへ商品をシフトしていることを知った。

 

豚丼の店は周りの環境とうまく調和しなかったようで、軽井沢とか青山の店は撤退している。においがほかの店や建物に充満してしまい、クレームになっていた。

 

飲食店は難しいようだ。

だから工場でのものづくりに徹しようと決めたとのこと。

 

毎日4誌も新聞から情報を得ているようだ。

経済の動向をキャッチするためとはいえ、4誌も読む人がどれだけ多くいるだろう。

営業たるもの、情報を得ずして成しえないということか。

 

いろいろな事業を手がけて、

失敗もあれば、ブームになって爆発的にヒットした商品もある。

波がある。

 

大手にはできないことをやるという差別化。

ラクレットチーズは、手作業が多く機械化している大手は手を出せないとのこと。

そのチーズのためのオーブンも花畑牧場で開発して販売しているということである。

また、スーパーやコンビニののPB商品にも使われているということで、北の国の遠い企業かと思えばそうでもなかった。

 

その辺の営業が田中社長から仕掛けていって契約に至っているというのがすごい。

”品質が認められたということ”という発言が印象的だ。

付加価値の高いものを安く市場に提供できると売れるということか。

結構な労働力が投入されている気はするが、

”このくらいの品質のものをこんくらいの価格で売る”というところから始めてそこから原価の調整に入っていると思う。たむけんさんの本の読みすぎかもしれん。

しなければならないことって

昼寝は休日にしかできないすばらしいエンターテイメントである。

 

勤め人は昼間労働しなければならない。

仮に車の中で居眠りをしても万全の状況ではないゆえに効果も半減するのではないか。

 

 

昼寝は何もしなくていい、

横になるだけで安らぐ。

 

何もしなくていいっていう状態ができることは

精神にもいいと思う。

 

しなければならないという義務的なものは逆に精神上よくないのではないだろうか。

プレッシャーのように感じる。

 

何かしたほうがいいのではないのだろうか、とか常に何か動いていると疲れる。

 

 

やらなければならないことは自分で決めたことなのか、他人に決められたことなのか。

自分で決めたことは守らなければならないのか

その決められたことすら守れないというのは人間失格なのだろうか。

状況に応じて起点を利かすことが大切だ。

決めたことを守るというのが常に正しいわけではない。

 

そもそも決めたことが自分にとってよいことなのかどうか、疑え。

自分との闘い

ブログを毎日何記事も更新している人はすごいなと思う。

 

勤め人しながらの+@の時間でどれだけ積み上げられるか。

 

大半の人は労働でかなり体力を奪われている。帰宅時にはすでにヘトヘトだ。

 

人が休んでいるとき、自分も流れに乗ってしまえばそっち側の人で終わる。

休んでいるときにどれだけ積み上げられるかが人生の分かれ目だ。

この3連休もどうしていこうか。

 

サイトの見た目も凝っててあれこれクリックしたくなるような感じだ。

 

ブログ記事というのは自分しか書き手がいない。

日記は自分のものだ。ぼくくらいの何者でもない普通の人は外注するようなことはあまりないと思う。

自分との闘い。

妥協とか、甘えとか、誘惑が多い中いかにストイックであり続けることがいかに大変か。

 

するのが当たり前というステージに立つためには小さくても一歩ずつ毎日歩まなければならない。

 

また意味のない決意のような内容ではあるが。。

あの日決めただろ!と自分に言い聞かせることで駆り立てることもできる。

そういうやりかたで行動すること自体、後ろ向きのようではあるが。