名もなき社畜英雄の日記

FEヒーローズが好きな労働者の日記

眼鏡

首が痛かった。

頭痛がした。

 

1日中社内だと、労働時間の95%くらいパソコンに向かっている。

長いこと椅子に座っている。

 

眼鏡が壊れて数日が経過している。

眼鏡を買うのが高いから新しいのを買うのに躊躇しているのだ。

 

何回かネジ締めを依頼した近所の眼鏡屋さんで買わないと次依頼したときに

”うちで買わねーのかよ!?”と思われそう。

 

ネジ締めを今後そこに依頼しなければしがらみは消える。

安いフレームをさまざまな店舗で探せる。

 

依頼した眼鏡屋さんではフレームで13,000くらいは少なくともかかりそうだ。

 

いまのぼくとしては価格はできるだけ抑えたいと思っている。

 

少し調べてみると、JiNSでは5,000くらいでフレームが買えるみたいだ。

アカウント登録でネットからも買えるとのこと。

 

これは確実に今の心理状態からすると魅力的だ。

 

安かろう悪かろうではないだろうかと心の中で疑問視する声も聞こえるが、それでも支出する額が抑えられるのには変わりない。

 

眼鏡が壊れるというのは稀なことだと思うので、はじめのコストが抑えられるのは十分に効果的だ。

そこまでして会社へ行かないで

昨日の電車は気持ち多めに乗客が多かった気がする。

 

いつもの時間の電車でいつものおじさんが座れていないという状況が起こっていた。

 

地震を考慮して早めに家を出たということをテレビで報道されていたが、その感覚がぼくは不思議だった。

 

それはまさしく社畜精神にのっとられた行動ではないだろうか。

 

そこまで労働力を売らなければならないという切羽詰った状況かと問われれば、そうではないだろう。

 

早めに出る必要はないとぼくは言いたい。

 

地震で会社までいけません、てなったら休んでいいと思う。

 

労働が命よりも重いということはあってはならない。

 

大阪市長のスピーディーな対応が評判だとネットニュースで見かけたが、

弊社はスピード感ある対応というのはあまり感じられなかった。

 

まあ通勤手段が運転見合わせとかで塞がれていたら帰るに帰れないからそれなら会社に来てというようなところだろうか。

 

ここ2-3日は外出する時間帯をできるだけ短くしていけばいいと思う。

自宅が危険な場合もあるが身の安全を確保しやすいのは自宅にいることじゃないだろうか。

不要ではないが不急でもある。勤め人というのは。

労働や学校の優先順位がおかしい。まず学校どうやって行こうとか会社までどうしようとか、そんなことよりも身の安全でしょうと。

タクシー拾ってまで会社行かないでと思った次第である。

 

強く生きよ。

自分に降りかからなければことの重大さというのは思い知ることはない。

 

無事に生き残った人もいれば不幸にも亡くなってしまった今回の地震

 

さりとて他人事である。自分は幸運にも生きている。

 

生き残ることができた。先へ進もう。

 

生かされているという考えは労働している最中はなかなか頭に入っていないことが多い。

 

頭に戻ってくるのはこういう有事が起きたときが大半だ。

 

自分の死に方はできることなら選びたい。

老衰とか、がんとか、事故とか。

死に方はいろいろある。

 

死ぬとわかっていたら、ああこういう人生だったんだなとある種のあきらめがつく。

それがわからないから無念でならない。

 

死ぬかもしれないとなったら、お迎えがたまたま思ったより早かったというだけだ。

 

生まれた以上、死ぬことは決まっている。

 

不慮の事故だったり、災害に遭った場合はあれしとけば、こうしとけば、と残していくことが多いかもしれない。

 

だからこそやりたいことを生きているうちにやっとけということだろうか。

 

答えはどこにもない。

 

自分で探し求めるしかない。

 

明日も生きよう。

スマブラ熱が再燃

ニンテンドースイッチでのスマブラ最新作が発表され、

ぼくの中にもスマブラ熱が再燃していた。

 

3DSを起動し、ガチ部屋での対戦に興じる。

 

腕はもちろんなまっていた。

 

相手のサムスが強い。

 

連続攻撃でのコンボは単発技のコンボよりも精神的にくるものがある。

 

空上、空前、スクリューアタック、とサムスは連続ヒット技が多い。

遠距離もチマチマダメージを食らってバースト圏内に持っていかれる。

空中つかみのグラッピングビームはなかなか厄介だ。

 

まあ、こうして負けるわけだが、悔しいーとまあこんなもんだねという一種のあきらめが混在している。

 

ゲームは勝ち負けを決めるものであり、闘争心、競争する心が目覚める。

 

悔しさを晴らすために再選するも、また負ける。

どこかで断ち切らねばならない。

部屋をいったん出るという行動が一番負担が少ない。

勝てない敵に対しては逃げるコマンドは必携だ。

 

勝てる相手に勝って、気分をリフレッシュさせることが大事。

もしくは、いったんゲームの電源自体を切ってしまおう。

 

FEヒーローズは電池の充電がやりすぎ防止に一役買っていると思う。

 

何時間もぶっ通しでやることは今のところない。

 

最新作のスマブラが出てからはどうなるかわからんが。

 

その前にニンテンドースイッチを買うタイミングを一考せねばならぬな。

歯医者

歯医者さんに行った。

 

明らかに色が変わった歯が気になっていたのと、

裏側の汚れが磨いていても取れていなかったので気になった。

あと出血が頻発する。

 

歯が見違えるほどきれいになった。

 

治療中はいつもよりすこし痛かった。

 

タオルを目の前に覆ってから治療をされるので

周りの状況がわからないまま行われる。

 

ほかの歯科でもそうなのだろうか。

 

家から近いからという理由だけでそこへ通っているが、本当は2,3件知っておいたほうがいいのかもしれない。

 

まだそれは病状が悪くなってからでもいいとは思いつつ。

 

寝る前の歯磨きは必須事項だ。

 

モンダミンのようなクチュクチュするやつもなくてはならないものになった。

口の中をすっきりさせておくと不快感がなくてよい。

 

歯を磨こう。

 

快適ライフのために。

運よく無事故で生き残る

運転中の眠たさが半端ない1日だった。

 

事故起こすようで怖かった。

 

営業の外回りに交通事故のリスクが常にあるというのは、精神的に疲労する大きな一因だ。

 

そして運転時間が長いと尻が痛くなった。

 

昨日の痛みは少し長続きしてキツかった。

 

下道での移動は高速料金が発生しない代わりに運転時間が長くなる。

運転時間が長いと事故を起こす、起こされる可能性が高くなる。

 

事故の発生により失われるものと比べた場合、高速道路を利用するのはむしろ安くあがるのではないだろうか。

 

高速道路での事故ももちろんゼロではない。件数は少ないにしろ、発生する事故は大きな被害をもたらしている。

 

非ITな業界では現場に行かないと物がない。

現地現物というか。そこへ行かないとわからないものが多い。

 

現場までに着くまで一苦労。着いてからもまた一苦労。

 

営業は疲れる。

レオン王子の意地

全員騎馬で大英雄戦インファナルのルフレをようやくクリアできた。

 

闇の王子レオン

 練成ブリュンヒルデ

 補助スキルなし

 裂光

 A近距離反撃

 B切り返し3

 C死の吐息2

 S攻撃の紫煙3

 

こんなものを作ってみた。

これがあったからクリアできたもんだ。

補助スキルと奥義、CスキルはSPがなかったから自前のままだけど奥義は戦闘中に発動するタイプのほうがいいと思う。

 

練成レオン微妙じゃね?と攻略サイトの評価を見ていると他の練成武器と比べると評価は決して高くない。他の武器が優秀すぎるだけだ・・・。

 

騎刃の鼓舞と騎盾の鼓舞でフル強化し、受けから入っていけば斧ファイター、青魔、赤魔の攻撃を耐え切れる。

 

守備が相手より高ければ、魔法の追撃を受けずにすむという効果が発揮されたことが大きい。

斧ファイターはこちらの守備がもともと魔法キャラにしては高いので難なく耐えられる。

 

赤魔のエイリークのような突撃タイプの魔法アタッカーを安心して受けられるキャラを模索していたところ、レオンさんに白羽の矢が立った。攻撃の値は43と決して高くないが、高速アタッカー相手ならば切り返しもあるからそこそこ与えられると思う。

 

第一王子は全距離反撃ならば、第二王子は近距離反撃でいこう。

 

タクミさんが配布されたし、近距離反撃は高級だがまったく素材がないわけではない。

 

暗夜王国で固めたパーティを作ってみたい。

レオンさん、伝承英雄ガチャでまだ出てこずだが、星5であり続けるあたり希少である。