メガネを買った。

メガネを新調した。

 

レーシックの日程が今月の予定だったが、先送りになったため買うことを決意。

 

苦渋の決断である。

 

マイナスのキャッシュフローだけでなく、レーシック後のメガネの使用価値は急落するからだ。

 

ネットでの通販は、レンズやらフレームやら加算していくようなところがあり、総額はそこまで他と変わらない。

 

瞳孔間距離や、レンズの度をきちんと合うものを買うためにはその通販会社へ今使っているメガネを送る必要がある。

 

それだと車の運転など仕事に支障をきたすため、通販は転進。

 

JINSZoffか。

 

その二択に絞った。

 

安いところとなると大体この2社ではないだろうか。

 

大阪まで足を運ぶ。

 

なんばでそれぞれ一店舗しか見ていないが、Zoffでの購入に至った。

 

まずはZoffの店内に潜入。

 

5,000円~12,000円の4種類という思っていたよりもシンプルな価格。

 

メガネの購入は、そう頻繁に起こるイベントではないので久しぶりのアップデートという感じだ。

 

JINSも見ておく必要があるため、一度撤退。

 

JINSでも、レンズ+フレームで5,000円(税抜き)というポスターがあり、一度店の中に入った。

 

こちらも同じような価格帯のシリーズに別れていた。

 

あとはデザイン、フレームであると判断。

 

JINSの店舗自体が狭いためか、どうしても種類に限りがあり選択することができなかった。

 

Zoffで決めて、視力を測っていただき、代金を支払い、入手。

 

税込み5,400円。

 

初めは本当にレンズ込みで5,400なのかと疑心暗鬼だったが、正しかった。

 

両側につるがある状態のメガネがいかに安定しているか。

 

感動すら覚える。

 

体制を崩しても、落下することが減るだろう。

 

これで物件への労働力投入も効率が回復する。

 

聖帝先生、あだち先生にも堂々とお会いすることができる。

 

メガネが復活し、仕切り直しといったところだ。